スクール集客 コンサル 生徒集め 名古屋 佐藤仁 ノーボーダー

電話でのお問い合わせ(052-853-7025) お問い合わせフォーム

スクール経営について の記事一覧

教室運営のヒント NO,275◆少し立ち止まってスクールの棚卸

2019-01-08
少し立ち止まってスクールの棚卸

 

「棚卸しをチェックする総務の女性社員」[モデル:土本寛子]

 

■スクールを長く経営していると
「あれ?今までとちょっと違う」と
思われることはないですか?

 

・今まで問合せ数も順調に来ていたけど
徐々に少なくなってきている

 

・今までより退会者数が多いけど

 

・お客さまの反応が以前に比べて薄い気がする

 

など、今まで感じたことがなかったことが
起こっている、起こったことはないですか?

 

 

■スクールを長くなっていると、
以前に比べ、近隣に同業のスクールが出来たり
引っ越しなどで環境が変わっていることがあります。

 

消費者は新しいものに興味を示すことがあるので
オープン当初の特需的なものもあります。

 

また、長くそのエリアで規模を大きくしていると
同業スクールにモデリングされることもあります。

 

今まで、他者と差別化できていた強みが
モデリングをされたりして、新鮮味を無くしはじめる
こともあります。

 

 

■もし、あれ?と思われたのであれば、
一度、立ち止まって、スクールの棚卸をしてみるのは
いかがでしょうか。

 

スクールの棚卸とは、もう一度自スクールを
客観的に見てみることです。

 

スクールの強みをもう一度考え直してみる
良いチャンスになると思います。

 

たとえば、車を例に挙げると、
定期的にマイナーチェンジを行いますよね。

 

それはその時代に合うようにスタイルを変えているのです。

 

お客さまのニーズも根本的なものは
変わらないかもしれませんが、
表面上の表現は少しずつ変化はしています。

 

 

■また、最初はそのエリアでは
初めての試みだったかもしれませんが
同じことを行っているスクールは存在しませんか?

 

うちの方が老舗だからと言う考えも
悪くはないですが、消費者に分かりやすく
メッセージを伝えなければ、
徐々に選ばれなくなってしまいます。

 

今後、さらに発展をするために、
せっかくなので、スクールの棚卸、やってみませんか?

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

 

教室運営のヒント NO,274◆ハード面とソフト面

2018-12-27
ハード面とソフト面

 

「私の仕事道具(プロブロガー)私の仕事道具(プロブロガー)」のフリー写真素材を拡大

 

■先日、ご相談に見えた方とのやり取りです。

 

「私はお客さまへ提供するレッスンには
自信があるんです!!」

 

そうですね。
私のところにご相談に来る方のほとんどは
講師として素晴らしい方ばかりだと思います。

 

思いもレッスンスキルも接客も
きっと素晴らしいと思えます。

 

それは、お話ししているだけで感じることが
できるほどです。

 

 

■しかし、残念ながら、それだけでは
スクールはうまくいかないのが実情です。

 

良いものを持っていても、
まず、お客さまにある可能性のある対象者に
知られていません。

 

そうです、知られていなければ
選択と言う土俵に上ることができませんよね。

 

そうなると、選ばれることはありません。

 

次にその良い面を伝えきれていません。

 

どれだけ、思いやレッスンスキルや
接客がよくても、スクールビジネスは
実際に通ってみないと分からないことが多いです。

 

では、その思いを含めた良い部分を
お客さまに分かりやすく、伝えているかどうか
と言う点が課題となります。

 

 

■もし、情報発信を行っていても
良い部分が伝わらなければ、お客さまが選ぶ
基準をどこにするか考えてみましょう。

 

スクールの良い面を「ハード面」と「ソフト面」と
分けて考えるとわかりやすいです。

 

たとえば、ハード面。

 

こちらは目に見えやすい、

 

・教室の立地
・教室の内装
・授業料

 

などになってきます。

 

ソフト面は、

 

・講師のレッスンスキル
・講師の接客
・成果

 

など、ハード面と対照的に
目に見えにくいものになります。

 

 

■また、多くの中小・個人スクールは
ハード面ではなく、ソフト面での
差別化を得意としています。

 

そうですよね、設備投資に資金力が必要な
教室の立地や内装には、そこまで出せませんよね。

 

では、見えにくいと思われる
ソフト面をどのように対象となるお客さまへ
分かってもらうことができるのか。

 

それが情報発信方法であり、情報発信の内容になります。

 

情報発信の方法は文章もそうですが、
画像や動画を用い、百聞は一見にしかず方式で、
内容は「共感」と言うキーワードを考えて
行われると、良い結果が出る可能性が上がりますよ。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,273◆みんながやらないことをやる

2018-12-18
みんながやらないことをやる

 

 

「タイピングしながらiPadを使って確認するタイピングしながらiPadを使って確認する」のフリー写真素材を拡大

 

 

■スクールのターゲット層を決めるとき
他が選ばないところにするといいですよ、

 

というご提案です。

 

ターゲット層を決めているスクール自体、
実はそれほど多くありません。

 

何となく、この辺りの生徒が多いなど
やはりぼやけているところが多いのが現状です。

 

さらに、ターゲット層を決めているところも
競合と被っているところが多いです。

 

 

■特に大手とターゲット層が被っている場合、
中小ではなかなか太刀打ちできませんね。

 

ターゲット層を決めるときに
スクールに来てほしいお客さま像を
考えてもらいますが、

 

来てほしいお客さまは、どこのスクールも
来てほしい人たちになってしまいます。

 

たとえば、

 

・お金払が良い

・熱心に通ってくれる

・優先順位を上げてくれる

 

など、どこでもほしいお客さま像ですよね。

 

そうなると、そこはレッドオーシャン、
お客さまの奪い合いとなってしまいます。

 

 

■では、どうすればいいのでしょうか。

 

答えは簡単です。

 

どこのスクールもターゲットにしていない層を
狙っていけばいいのです。

 

言うのは、簡単だろうと、思わないでくださいね。
突拍子もない層を狙えと言っているわけではないですよ。

 

たとえば、私がメインターゲットにしたのは、
幼児です。

 

この層は、今でも多くの子ども英会話スクールが
ターゲットとしているところです。

 

これだけだと、大手も狙い、レッドオーシャンです。

 

ここで私は、さらにロウアーミドル層を
ターゲットにしました。

 

 

■この層は、子どもたちに習い事をさせたくても
なかなかお金がなくてできないでいます。

 

そこへ、低価格でロウアーミドル層でも
十分通うことができる価格設定にし
ブルーオーシャンを作ったのです。

 

確かに低価格だと超えなければいけない壁はあります。

 

・採算性
・授業料の回収

 

などがありましたが、対応策を考えれば
問題なく経営はできます。

 

つまり、ターゲット層をもうう少し細分化することにより
みんながやらないこと、みんなが狙わないところを
見つけ出すことができます。

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,272◆成功法則って持っていますか?

2018-12-14
成功法則って持っていますか?

 

 

「超高層ビル郡へと続く水辺の道路(ドバイ)超高層ビル郡へと続く水辺の道路(ドバイ)」のフリー写真素材を拡大

 

 

■前回のメルマガに続いて「成功」と言う
キーワードについてお話ししていこうと思います。

 

突然ですが、あなたは「成功法則」って
お持ちですか?

 

何々?と思われるかもしれませんが、
簡単に言えば、こうすれば何とかなるという方法を
持っているかどうかと言うことです。

 

 

■たとえば、お客さまに対して、
このような方法を用いれば、成果が上がるということ。

 

こういった方法を持っていれば、強いですし
逆に持っていないと、ちょっときついですよね。

 

この方法を複数以上持って、お客さまの状況や
タイプに合わせて提供できるようにすることは
1つの仕組み作りにもなります。

 

これは、教務側の成功法則になりますね。

 

 

■では、運営側の場合はどうでしょう。

 

たとえば、生徒募集とか。

 

この方法を用いれば、新規生徒が集まると言う
成功法則はお持ちですか?

 

私が行った、生徒募集の成功法則は
いろいろな場面でお伝えしています。

 

実際にこの方法で、1カ所だけではなく
さらに数ヶ所だけでもなく、30カ所以上の教室を
半年以内に200名以上にしています。

 

教室を立ち上げてから、何を行えば

 

1ヶ月間で50名の生徒を確保できるか、
3か月以内に150名の教室にできるか、

 

この成功法則を持っていたため、
2年間で0名から6,500名の生徒数にできています。

 

 

■ただ、この成功法則を用いているところは
本当に少ないです。

 

先程もお伝えした通り、いろいろな場面で
方法論はお伝えしています。

 

しかし、実際に行っているところは
私のお客さまでも3カ所だけです。

 

実はこの成功法則には、越えなければいけない
2つの壁がありまして、

 

1つは人材管理、もう1つはお金です。

 

それでもこの方法を用いているところは

 

10年間で1,000名を超えることができなかったのに
5年で2,000名までの規模になっているところや

 

教室オープンの初動で50名の生徒を確保して
3ヶ月間で100名を超えたところなど

 

破壊力はあります。

 

 

■この成功法則以外にも、私がコンサルを始めてから
見つけ出した法則もあります。

 

こちらも乗り越えなければいけない壁がありまして

 

1つは時間、もう1つは行動力です。

 

ただ、お金が先程の方法と違って、そこまで必要はないので
個人教室向けと言えば、向いています。

 

この方法で、半年間0名だったところが、
半年後50名の生徒数になり、さらに半年後100名を
超えるところまで行っています。

 

ちなみに、私の方法がすべてではないです。
私の方法が合わないという方もいると思います。

 

それぞれのやり方があると思います。

 

しかし、それぞれのやり方だったとしても
成功法則は持っているといいですよ。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,271◆成功への道は確率をあげること!

2018-12-10
成功への道は確率をあげること!

 

「ビジネスに成功した系の女性ビジネスに成功した系の女性」[モデル:土本寛子]のフリー写真素材を拡大

 

■私がコンサルティングで行っていることは
スクールがよくなるベクトルに修正をして
うまくいく確率を上げることです。

 

行う施策は、今までの経験上、成功確率が高いものを
そのスクールに合わせ行っていきます。

 

たとえば、生徒募集。

 

そのスクールでうまくいく確率の高いターゲット層を
選定していき、そのターゲット層に知ってもらう確率を
上げていきます。

 

さらにスクールを知ったターゲット層が
問合せをする可能性を上げ、入会する確率を
上げていきます。

 

 

■退会防止についても同じです。

 

継続をしてもらう確率を上げていきます。

 

ここまで、「確率」と言う言葉を使ったので
少し読みづらかったかもしれません。

 

しかし、それだけ重要なことです。

 

 

■もう少し具体的に生徒募集について
お伝えしていきますね。

 

私が行ったことについてですが、

 

・ターゲット層の選定

 

私のスクールは子ども英会話だったので、
一番ニーズがあり、入会してもらえやすい
幼児をメインターゲットとしていました。

 

・知ってもらう確率を上げる

 

知ってもらう確率を上げるには、
幼児と保護者に直接PRをすることです。

 

そのためにターゲット層がいる場所へ赴き
PR活動をしていきました。

 

・問合せをしてもらう確率を上げる

 

問合せ率を上げるために、その場で簡単な
レッスンを行います。

 

子どもの反応を見ることができ、
実際に子どもが行きたいと言ってもらうことにより
体験レッスンの参加率を上げていきました。

 

 

■いかがですか。

 

どの確率も100%にはなりませんが、
少しずつ確率を上げることにより
1教室を半年以内に250名にすることが
できています。

 

確率を少しでも上げることに注視する。

 

電話であればフリーダイヤルにしてみるとか、
メールでの問合せであれば1分以内に入力できるように
してみるとか。

 

それで数%でも変わってこれば、
大きな変化に繋がってきますよ。

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,270◆来春の生徒募集はすでに始まっている!

2018-12-06
来春の生徒募集はすでに始まっている!

 

「春の始まり春の始まり」のフリー写真素材を拡大

 

 

■「今年の生徒が1名も増えていないんです!」

 

「どうすればいいですか?」

 

こういった相談を今月だけで複数件いただいています。

 

話を聞いてみると、残念ながら例外もなく、
生徒募集活動をしていないことが分かります。

 

・HPはあるが、更新がされていない

・ブログを開設しているが、更新がされていない

・FBもあるが、更新されていない

 

情報発信が定期的に行われていないため
インバウンドでの問合せがないということです。

 

チラシを定期的に配るとか、そういったことを
しないまでも、情報発信は行った方がいいです。

 

 

■情報発信を怠っていると、興味があり自ら探してくる
消費者が逃げてしまうことがあります。

 

たとえば、ブログの更新が1年以上前のままだと
見に来た消費者がどのように思うでしょうか。

 

皆さんもネットで検索をすることがあると思いますが、
そういったお店に対してどのように思いますか。

 

HPの下部にFBのリンクがあり、更新が2年前から
何もされていない。

 

生徒募集の案内が前年のままだと、もしかして
スクールは閉鎖しているのかも…

 

と、極端かもしれませんが思うかもしれません。

 

 

■ネット集客は、即効性があるものではありません。

 

興味がある人が検索エンジンで調べ、
HPに辿り着くケースがインバウンド型です。

 

そのとき、興ざめするページだと
せっかくの未来のお客さまを逃してしまいます。

 

常にブログを更新したり、FBを更新したからと言って
すぐに反応はないかもしれません。

 

しかし、積み重ねて継続することにより
未来のお客さまを掴むことができます。

 

もうすでに来春の募集のための情報発信は始まっています。

 

今年の春は前年からサボったからと考えていただき
来春に向けて、情報発信を行うのはどうでしょう。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,269◆よくある誤解

2018-12-03
よくある誤解

 

「友人に送るメールを取引先に送ってしまった時友人に送るメールを取引先に送ってしまった時」[モデル:Lala]のフリー写真素材を拡大

 

■いろいろなご相談をいただくのですが、
そのなかで、少しピックアップして
みなさんとシェアしたいと思います。

 

ピックアップするのは、正しいと思っていることが
実はちょっと違うよ、ってことです。

 

皆さんのスクール業界は、思っているより
横のつながりがなく、情報も偏っていることが
あります。

 

今は、ネットで調べると、悩みに対する解答が
あったりもする場合もありますが、
人によっていっていることも違うし、
何よりも根拠のない解答が多いように思えます。

 

 

■そこで、今回はピックアップしたことに対して
私なりの解答をだしていきますね。

 

私の解答が100%正しいとまでは言いません。

 

ただ、常に自分よがりの解答にならないように
その道のプロに方とも話していることなので、
ネットで調べたものよりは信憑性は高いと思いますよ。

 

■事例1
HPが検索エンジンで上位表示されれば集客がうまくいく

 

これって、ネット集客の誤解なんですが、
上位表示されても、集客がうまくいくとは限りません。

 

たとえば、検索エンジンで1ページのトップに表示されても
検索回数が少なければ、そもそも訪問者はあまり来ません。

 

さらに、訪問者がきてもHPにしっかりとした導線がないと
問合せにはつながらないです。

 

なので、答えはNOです。

 

 

■事例2
スタッフを雇用しても何も手続きをしなくてもよい

 

小規模のスクールに多く、また学習塾に多く見られるのですが、
1名でも雇用したら、労働保険の手続きはしなければいけませんよ。

 

雇用保険の場合は、条件がありますが、
絶対に加入しなくてもいいわけではありません。

 

また、所得税が発生するのであれば、徴収して納付しないと
ダメですよ。

 

なので、答えはNOです。

 

 

■事例3
チラシは古いからいらないと思っている

 

ネットによる集客が主流となってきているので
チラシでの集客は古くて、集まらないと思っている方。

 

ある程度の生徒数があり、HPも1年以上前からあり、
すぐに生徒数を急激に増やしたくない場合であれば
特にチラシを必要としないこともあります。

 

しかし、生徒数もあまりいない、HPも立ち上げたばかり

 

では、チラシによる集客を試みないと
求めている生徒数にはなかなかたどり着けませんよ。

 

なので、答えはYESとNOで、
そのスクールの状況によるということです。

 

 

■今回は3つピックアップしましたが、
まだまだありますので、今後もシェアしていきたいと思います。

 

また、その解答をより詳しく知りたいという方は
個別にご相談くださいね。

 

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,268◆マニュアル化がネックになることも

2018-11-30
マニュアル化がネックになることも

 

「部下が作成した資料を確認する敏腕上司部下が作成した資料を確認する敏腕上司」[モデル:大川竜弥 Lala]のフリー写真素材を拡大

 

 

■塚田農場という居酒屋をご存知ですか。

 

高級な宮崎の地鶏を安く提供し、
来店頻度により昇給するという名刺システムや
フロアー係の制服を浴衣にするという少し変わった
スタイルの居酒屋です。

 

アルバイトの意見も吸い上げて改善するシステムを導入し、
モチベーションが全般に高くて、以前にアルバイトの募集を
すると、応募者が殺到すると記事になったところです。

 

そのため、接客も良いです。

 

たとえば、料理を残した場合に、店員の裁量で別の料理に
仕立ててくれたりもする、サプライズがあります。

 

しかし、モンテローザが浴衣の制服や名刺システムまで
模倣した、地鶏居酒屋「山内農場」を出店して全国に
拡大すると、塚田農場との混同が起き、顧客を奪われ
売上が減少しています。

 

 

■ここでお伝えしたいのは、居酒屋の話しではなく
その業界で急成長をしている会社のシステムは
模倣されやすいということです。

 

模倣は戦略の一つにもなっています。

 

以前、メルマガでもお伝えしたように
猿真似はうまくいきませんが、
うまくいっている会社を模倣することは
悪いことではありません。

 

確かに模倣された側の会社からすると
複雑な気分になるかもしれませんが、
模倣されないようなシステムを作ることも
必要だと思います。

 

しかし、急成長や拡大をしている場合、
どうしても多くの人材の登用が必要となり
その人材の管理のためにマニュアルを
しっかりと確立していくことが必要となります。

 

 

■誰でも業務ができるようになる
マニュアルが素晴らしく、具体的なものほど
模倣もしやすくなります。

 

また、具体的すぎると、従業員の裁量を
損なう可能性も出てきます。

 

たとえば、従業員の裁量を
お客様が喜ぶことであれば、してもOKと
抽象的なものだと裁量権は広がりますが
どうすればいいのか、分からない従業員も
出てくるかもしれません。

 

しかし、模倣するのは難しくなります。

 

具体的な指示も重要ですが、
抽象的な指示も必要な時があります。

 

具体的で誰もがそのマニュアルを見れば
一通りの業務がこなせるような素晴らしいものであれば、
初心者の従業員も安心して仕事ができます。

 

しかし、サービスも限定的なものとなり
言われたことだけを行うようになる可能性も
でます。

 

何をポイントにするかによって
やることは変わってきます。

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,267◆オンラインとオフラインの募集

2018-11-25
オンラインとオフラインの募集

 

 

「簡単に買い物ができるボタン簡単に買い物ができるボタン」のフリー写真素材を拡大

 

■生徒募集の方法には、オンラインとオフラインが
あります。

 

ざっくりと2つに分けてしまいましたが、
ネット絡みか、そうでないかと言う分け方に
なります。

 

さてさて、
今やネットによる募集が主流なのは
皆さんもお感じになっていることでしょう。

 

 

■先日も私のお客さまからブログ経由、HPからの
入会者がこの春募集の75%を占めていると
ご報告をいただきました。

 

他のお客さまからもHPからの問合せで
体験をしたら、特に説明をしなくても
入会をしてくれたというご報告がありました。

 

まさにインバウンド型募集の真髄ですね。

 

興味のあるお客さまが、スクールのページを
しっかりと見ていて、入会を前提として
スクールに訪れるというものです。

 

 

■インバウンド型募集は、私もお勧めしている
オンラインの募集方法です。

 

しかし、この募集方法には欠点があって
最低半年以上の準備が必要となります。

 

しかも、ただHPを立ち上げて、ブログを
更新いるだけでは出来上がらないものなのです。

 

 

■では、タイトルにあるもう一つのオフラインに
よる募集方法についてです。

 

こちらは、ネットを絡めないと言っていますが
最終的にはHPを確認するお客さまが多いのが
実情です。

 

ただ、情報提供の仕方が、ネットを絡めません。

 

つまり自らが情報をお客様に提供をしに行く
と言う方法です。

 

たとえば、私のお客さまで、半年間生徒が
1名も集まらなかったスクールがあるのですが、
オフラインの募集方法で、その半年後には
50名の生徒数になったところがあります。

 

さらに、その半年後です。

 

開校後半年間ずっと0名だったスクールが
その1年後、何と100名の生徒数になったのです。

 

 

■ここで誤解のないようにお伝えしておきますが、
決してただ100名の生徒を集めただけではないですよ。

 

よくある、ほぼボランティア状態の授業料格安で
集めたのではなく、正規の授業料です。

 

そのスクールは確かに近隣スクールの授業料より
少し安かったのは安かったですが。

 

このように即効性を求めるのであれば
オフラインの募集方法が有効だと思っています。

 

よくチラシなんて必要がないと言われている方も
いらっしゃいますが、チラシもHPも目的が
違いますから。

 

今、自分のスクールに必要な募集方は、

 

オンラインなのか
オフラインなのか

 

を見極めて、使い分けていくのがいいですよ。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,266◆人それぞれ目指すところは違う!

2018-11-21
人それぞれ目指すところは違う!

 

「ガスの合間から見える白馬岳と白馬大雪渓ガスの合間から見える白馬岳と白馬大雪渓」のフリー写真素材を拡大

 

 

■スクール経営者の方々が集まった際に

 

「うちは5教室展開しているんです。」

 

「生徒数は1,000名以上います。」

 

「講師数が10名を超えています。」

 

といった、

 

数でのマウンティングをされる方がいます。

 

私も多店舗展開を行っていた側なので、

教室数や生徒数、売上などで、聞いている方には
マウンティングしていたかもしれません。

 

もしかしたら、そういったつもりがない方も

いるかもしれません。

 

もちろん、私はそういった数字で優位に立ちたいと

思ったことはありませんでしたが、、、

 

 

■ただ、そういった数字で話されている方たちは
概して利益のことはあまり言いません。

 

どれだけ大規模なスクールであったとしても
大幅な赤字であった場合、経営としては
良いとは言えません。

 

講師数が多くても、スクール内の雰囲気が悪ければ、
良い運営ができるとは思えません。

 

逆にスクールの規模はあまり大きくなくても
利益がすごく出ているところもあります。

 

講師数が少なくても、雰囲気がすごくよく
お客様が喜んで通ってくるところもあります。

 

 

■たとえば、

 

売上900万円のスクール

売上5,000万円のスクール

 

規模は5,000万円のスクールの方が大きいですが、
利益や経営者に入るお金は900万円のスクールの方が
大きいことがあります。

 

家族だけで生徒を100名くらい教えられ、
課税業者になる手前で消費税が免税業者であれば、
必要な経費は家賃や広告費がメインとなり
かなりの手取りになります。

 

5,000万円のスクールであれば
スタッフを複数名雇用しなければ、成り立ちません。

 

経営者自身がメイン講師を務めていれば
それなりの手取りは期待できるかもしれませんが、
そこに労力を集中してしまうとスタッフ管理が
疎かになってしまいます。

 

 

■今まで経営者、1名で行っていたころには起きなかった
トラブルやクレームが発生して、退会者数も増えてきます。

 

気苦労ばかり増えて、収入が見合ってないと思う方も
実際にいます。

 

確かにスクールの規模を大きくするのは
大変なことで、それを実行している方は
素晴らしいとは思います。

 

しかし、だからと言って、すべての人が目指すことでは
ないように思います。

 

別に複数店舗を持たなくても、満足のいく収入を
得ている方もいっぱいいます。

 

もちろん、私も行ってきた多店舗展開を行う
ステージを目指すこともいいです。

 

ただ、一つ言えることは
目指すところは人それぞれ違います。

 

ここを目指さなければ
絶対にいけないということはありません。

 

隣の芝は青く見えるかもしれませんが、
しっかりとあなたのスクールの未来予想図を
考えてみませんか。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

« 過去の記事を見る
教育コンサルティングメルマガ「英会話教室の病院」メールマガジンの登録はこちら メディア・マスコミ掲載実績 お客様の声 スクール運営の極意・セミナー動画解禁! 書籍・マニュアル
生徒に恵まれるスクール&教室 開業・経営バイブル(技術評論社)

新たな成功法則を公開!

生徒に恵まれるスクール&教室
開業・経営バイブル(技術評論社)

スクールビジネスを経営・管理されている方、スクールビジネスでの独立を希望されている方のための本格派書籍!スクール&教室の進化を続ける成功法則を公開!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

大好評により増刷!!!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

プロが教える実践的ノウハウの集大成!

アマゾン教育史1位/学校教育・一般1位、楽天ブックス語学・学習参考書1位
「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

スクール経営者・講師向けDVD
各種スクールでの指導・運営をお助け!研修教材にも最適。


英会話教室運営のツボ

英会話教室運営のツボ

販売終了

生徒募集・退会防止・教室管理・会員管理・講師管理等スクール運営に不可欠なノウハウを公開!

外国人講師採用のツボ

外国人講師採用のツボ

販売終了

行政書士をも唸らせた【外国人講師採用に特化したマニュアル】ビザ関連も分かりやすく説明!