スクール集客 コンサル 生徒集め 名古屋 佐藤仁 ノーボーダー

電話でのお問い合わせ(052-853-7025) お問い合わせフォーム

スクール経営について の記事一覧

教室運営のヒント NO,288◆習い事と学習塾のお客さまへの接し方の違い

2019-03-25
習い事と学習塾のお客さまへの接し方の違い

 

「撮影中のヘアメイクさんの手直し」[モデル:河村友歌]

 

■習い事系スクールのお客さまのところへ
訪問した際のことです。

 

「通ってから3ヶ月後、どのような結果を出せますか?」

 

という問いに対し、

 

「まずは、好きになってもらうところから始めるので
結果はそのことが好きになった、と言うことですね。」

 

この結果が、特にお客さまが子どもの場合、
保護者が求めていること違う可能性があるかもしれません、、、

 

が、

 

習い事系スクールのスタンスとしては
間違いではないと考えています。

 

 

■習い事はそもそも絶対的な必要性があるものは
少ないです。

 

絶対に習わなければいけないという強制力も
ほとんどのところがありません。

 

また、習い事系のスクールは週1回のところが多く
通っただけでは、成果を上げることは難しいのが
現状です。

 

なので、習うことを好きになり、自らレッスン以外でも
自主的に学んでもらえるように接することは、
間違いではなく、結果を出すためにも必要な過程です。

 

 

■次にある学習塾でのお話しです。

 

生徒が講師との話が合わないから、退会して
他の話が合う講師がいる学習塾に変わったそうです。

 

塾へ通う目的は、学校の成績を上げることや
志望校へ合格することです。

 

その目的が結果にもなります。

 

ただ、過程として勉強をするモチベーションを上げることも
必要なことになるはずです。

 

元々、自主的に勉強をする生徒だけを集めているのであれば
その過程は自主的に勉強をしない生徒より少ないかもしれません。

 

それでもモチベーションを上げることは
必要にはなるはずです。

 

 

■目的や結果にばかりフォーカスして、
過程を見過ごすと、実際の結果が伴わないこともあります。

 

子どもに自分のためだから、頑張れだけで、
果たして勉強を継続できるでしょうか。

 

特に成績があまり良くない生徒を中心に集めている塾であれば、
子どもたちがどのようにすれば勉強に集中して、
継続してくれるかを考えなければいけません。

 

このことを考えずに、学習塾がオプションとして
習い事のクラスをニーズがあるからと始めると
失敗してしまいます。

 

また、英語が高学年で科目化されるから、
小学校英語のクラスを作ろうとしても、
英語嫌いを増やすだけで、長続きはしません。

 

習い事は、まず通ってくるお客さまがそのことを
好きになってもらうことから始めます。

 

学習塾と習い事との大きな違いであり、
学習塾が習い事系のオプションを入れても
続かない理由の一つかもしれません。

 

 

教室運営のヒント NO,287◆まずは行動してみよう!

2019-03-22
まずは行動してみよう!

 

「笑顔で会釈するカメラ女子」[モデル:にゃるる]

 

 

■突然ですが、

 

あなたは計画を立てたとして
どの位の成功確率があれば、行動に移しますか?

 

まぁ、誰でもそうだと思いますが、
極力、失敗はしたくないですよね。

 

できる限り、やるからには成功させたいものだと
思います。

 

私も同じで、成功の確率を上げるために
あれこれと考えすぎてしまう傾向があります。

 

自分で言うのも変ですが、

 

石橋をたたいて渡るではなく、

 

石橋をたたきすぎて割ってしまうタイプです。

 

つまり、結構な慎重派です。

 

 

■そんな私が、GOをだす、成功の確率は60%です。

 

低いと思われるか、高いと思われるかも
人それぞれだとは思います。

 

私の場合、60%の成功確率も、成功のイメージ

 

つまり道筋が頭に浮かばない限り、動きません。

 

道筋が浮かばなければ、どのように動けばよいのか
分からないからです。

 

 

■ある人から言わせると、

 

遅い!だからチャンスを逃すんだ!!

 

と叱咤激励をいただいたこともあります。

 

まずは行動をして、問題にぶつかったら
その都度、解決していけばいいだろう

 

と、言われたこともあります。

 

自分自身でもわかっていることなのですが、
方向性が決まっていないで、
むやみに動き出すことができない性分です。

 

これが、慎重派と言われる点かもしれません。

 

しかし、頭の中に成功のイメージが出来上がれば
端から見て、無謀だと思われることでも
動き出します。

 

他の人から見たら、成功の確率は30%以下にみえることでも
自分のなかで60%あると思ったら、行動に移します。

 

また、ご相談される方へお伝えする内容は

 

・基本的に自分自身が行ったことで経験値のあること

・他で行って成功したこと

 

など、成功確率は高いものです。

 

 

■誰もが失敗は嫌です。

 

失敗を恐れるために、何も行わないことで
失敗を回避することは得策ではありません。

 

私が60%は成功すると思って行ったことでも
失敗することも多々ありますし、ありました。

 

それでも、経験値を上げることにより、
他の方へアドバイスができ、成功事例にすることが
できています。

 

どのタイミングで行動に移すかは、
人それぞれだとは思いますが、
失敗を恐れずに、行動をしてみませんか?

 

 

教室運営のヒント NO,286◆時間をお金で買う!

2019-03-20
時間をお金で買う!

 

「新宿三丁目駅構内案内」

 

■あなたは、目的地に向かう際、

 

・普通電車より早く目的地に到着する特急券が
必要な電車に乗りますか?

 

・一般道路より早く目的地に到着する高速道路を
使用しますか?

 

いきなりでしたが、どうでしょうか。

 

 

■これはタイトルの通り、時間をお金で買う行為になります。

 

時間はどんな人でも1日、24時間と同じです。

 

同じ目的地に行くにしても、
一般道路であれば1時間かかる場合もあれば
高速道路を使えば、30分で到着することもあります。

 

しかし、高速道路は、一般道路と違い、
高速料金が必要となります。

 

つまり、高速料金と言うお金を払って30分と言う
時間を買っています。

 

 

■実は、スクール系のビジネスも同じ行為になります。

 

たとえば、語学系であれば、独学で勉強することも
できますよね。

 

しかし、敢えてスクールに通って勉強するというのは
独学で勉強するより、早く成果が出るだろうと思って、
通われるお客さまもいます。

 

独学で行うことにより、もしも成果の出ない学習方法をして
回り道をする時間を、スクールへ支払うお金によって
回避をしようとしています。

 

体を鍛えるフィットネスもそうですね。

 

 

■では、そういった目的地に到着する時間短縮を
提供しているスクールの経営者側ではどうでしょう。

 

確かに創業当初は、時間はあるけど資金はない状態もあるでしょう。

 

そういった場合、チラシの作成やホームページまで
独自で学んで行う方もいます。

 

これも間違いではなく、うまくいく方もいます。

 

ただ、多くは回り道をして、時間をかけたわりに
結果が出ずにいます。

 

また、資金的に余裕ができ始めても
何でも自分がやらなければ気が済まない方も
経営者にはいます。

 

逆に何でもできる方こそ、自分以外にもできることは
外注でまかない、他の自分しかできないことを行うことが、
次のステップへの時間短縮になります。

 

必要なことは、自分の時間単価の把握です。

 

自分の時給を換算し、外注に任せた方が安くなるのであれば
外部へ委託することをお勧めします。

 

あなたの能力は無限でも時間は有限です。

 

より自分しかできない仕事を行うことが
必要だと思います。

 

 

教室運営のヒント NO,285◆目標設定が更新でき、結果(数字)に結び付きました!

2019-03-16
目標設定が更新でき、結果(数字)に結び付きました!

 

 

■どのようなことで悩んでいましたか

 

私は、「英会話」業界(ビジネス)の未経験、マネージャー、
講師もしたことなかったため、教室作り、会員様への対応(管理)、
講師管理等。経営についてすべて悩んでいました。

 

 

■なぜ、コンサルティングを受けようと思いましたか

 

周りには「英会話」業界の経験者がいなく、一人で考える、
悩む時間が多かった為です。

 

 

■また、コンサルティングを決めた理由

 

佐藤先生が経験者という立場(教室経営)から、
私の悩んでいる事を忠実に、客観的にお応えいただき、
そこに価値があると判断できた為です。

 

 

■コンサルティングを受けて何がよかったですか

 

私が現在、また数ヶ月後にやらなくてはいけない行動、
順番が整理する事ができ、迷いがなくなりました。

 

 

■また、何か変化はありましたか

 

目標設定が更新でき、結果(数字)に結び付きました。

 

 

■最後にどのような方にお勧めしたいですか

 

「英会話」業界(ビジネス)だけではなく、会員制ビジネスを
経営されている個人、会社様にお勧めしたいと思っております。

 

未経験、周りに経験者がいなかった私でも、5年が経ち、継続して
経営できております。

そして、常にアップデートしていかないと、目標にも辿り着かず、
またこの業界(会員様制ビジネス)から、いつの間にか、
消えていってしまうのでは…思っております。

 

客観的に忠実にご相談、アイデアをいただきたい個人、会社様は、
一度ご相談されますと、また新しい発見ができると思います。

 

〒164-0001 東京都中野区中野5-53-3 松本ビル2F・3F

 

TEL 03-5942-6282

 

Passion

 

http://passion.jp.net/

教室運営のヒント NO,284◆スクール経営を始めるとき

2019-03-15
スクール経営を始めるとき

 

「「卒業してもずっと一緒だよ!」と約束をする高校生カップル」[モデル:大川竜弥 河村友歌]

 

 

■現在、2カ所ほど、スクールの立上げから

関わっているところがあります。

 

スクールビジネスは初期投資もあまり掛からず
参入障壁も低いので、始められる方が多いですよね。

 

自己流でうまくいけばいいのですが、
実際、商売はそんなに甘くはない、
と感じられる方もいるかもしれませんね。

 

スクールを立ち上げるのであれば、
最初の6ヵ月間がとても重要です。

 

初動がどのような結果になるのかによって
今後のスクール経営にも大きく関わってきます。

 

 

■では、実際に私がどのように関わっていくのかを
少しお話ししていこうと思います。

 

まずは、何ができるかを確認。

 

何ができるかって?
決まっていると思われるかもしれませんが、
もう少し突っ込んだところです。

 

つまり、どこの誰でもが行っていることではなくて
立ち上げようとするスクールしかできないことを
洗い出していきます。

 

次に、規模感です。

 

そのくらいの規模にするのかを確認します。
さらに初期投資の金額です。

 

そこから事業計画とタイムスケジュールを
作成し、行動を具体化していきます。

 

 

■ここからタイムスケジュールに則って、
必要なことを行っていきます。

 

たとえば、教室の内装や外装ですね。

 

また、入会時に必要な書類の作成です。

 

ここで、多くの方が見落としていることが
特定商取引法です。

 

対象となるスクールは忘れないようにしましょう。

 

これらの準備と並行して、生徒募集の準備も
行っていきます。

 

HPの作成やLPの作成、SNSの活用と
ネットからの集客ができるように準備していきます。

 

しかし、ネットからの集客はインバウンド型になるため
即効性はありません。

 

そのため、6ヵ月間程度は、ネット広告を使ったり
アクセス数を増やし、効果測定を行います。

 

 

■生徒募集の方法は、ネット集客とアナログ集客を
準備していきます。

 

アナログ集客は、チラシですね。

 

チラシを作成し、配布していきます。

 

特に新規開校の場合は、必ず「新規開校」という
キーワードは入れたほうがいいですね。

 

この流れで、現在関わっている2校の状況は、

 

ひとつは、開校から1か月過ぎましたが、
15名の生徒が通っています。

 

売上は月50万円です。

 

もうひとつは、まだ開校前で、
体験の予約がチラシ配布数1,000枚ですが
7件はいています。

 

この両校のキモとなるアドバイスは
何ができるのかの確認と事業計画、
タイムスケジュール作成です。

 

新規開校を検討されている場合や
開校後半年以内で悩まれている場合、
このプランで80%は成功しています。

 

もし、ご興味がある方、ぜひご相談ください!

 

 

教室運営のヒント NO,283◆スクール経営で変わったこと、変わらないこと

2019-03-14
スクール経営で変わったこと、変わらないこと

 

「卒業式の後に記念撮影をする教師と教え子」[モデル:大川竜弥 Max_Ezaki 河村友歌]

 

■私がスクールビジネスに関わるようになって
名古屋にある英会話スクールに入社してからなので
すでに20年以上経ちました。

 

未だ若輩者ですが、関わっている年数だけだと
ベテランの域でしょうか。

 

私がスクールビジネスに携わるようになって
一番変わった点と言えば、ネットの利用ですね。

 

授業やレッスンもそうですが、情報発信の方法や
生徒募集の方法もネットにより、大きく変わりました。

 

ネットの存在は、今まで大手優位だったものを
中小・個人教室でもやり方によっては繁栄するスクールに
なることができるようになりました。

 

大手だけではなく、中小・個人でも旧態依然の考えでは、
生き残ることは、昔に比べ難しくもなってきました。

 

 

■たとえば、

 

良い授業やレッスンさえしていれば、
生徒は集まると思っている。

 

余分なサービスの提供は不必要である。

 

情報発信や宣伝広告活動など必要ない。

 

など、教師然とした考えでは、
昔はどうだったかは、知りませんが、
今のご時世では難しいと思います。

 

そもそも、民間のスクールでは教師ではなく講師です。

 

教育産業ですが、基本はサービス業です。
このことを忘れてしまうと、衰退してしまう
可能性が高まってきます。

 

 

■また、全く違う角度からですが、
より「個」の力が試されるようになってきました。

 

スクール業界だけではなく、どの業界でも
人手不足だと言われています。

 

特に労働集約型であるスクールビジネスでは
人がいなければ大きくできない、
人がいなければ成り立たない、
と言われていました。

 

しかし、人がいてもマニュアルありきの
授業やレッスンではサービスやソフト面では
差別化がなかなかできず、規模を大きくしていない
中小のスクールが優位に立っているところもあります。

 

 

■ネットがもたらした変化により
よい部分も悪い部分もありますが、
基本的に変わらないこともあります。

 

それは、必要と感じているお客さまに求めることを
提供し、継続してもらうことです。

 

方法は時代によって変わるかもしれませんが、
根本は変わりません。

 

必要と感じているお客さまを見つける工夫

 

お客さまが求めるものを提供する工夫

 

お客さまが継続して通ってもらえるようにする工夫

 

この3つを根本として考え、スクールビジネスを
行っていけば、時代が変われども、繁栄しつづける
スクールになれると思います。

 

 

 

教室運営のヒント NO,282◆私がお客さまに選ばれるわけ

2019-02-28
私がお客さまに選ばれるわけ

 

【本当に豊かに楽しく仕事ができるようになりました】

 

佐藤さん、いつも本当にお世話になっております。

 

佐藤さんにお世話になり始めてから毎年毎年生徒の数も増え、

 

また売上もおかげさまで本当に上がってきております。

 

最初は自宅での営業をしておりましたが、

順調に、事務所を借りて営業ができるようになり、

実施したいことも次々と上手くいくようになりました。

 

これもすべて佐藤さんのおかげです。

 

佐藤さんに出会う前は、生徒数も少なかったですし、

前が全く見えず、どのようにして行ったら良いか?分かりませんでした。

 

しかし、ウェブサイトから佐藤さんを拝見し、信頼できそう、

と直感で閃いて連絡を取らせて頂きました。

 

電話で話す際も非常に親身になって相談を受けてくださいますし、

お越し頂く際は、こちらもまた本当に楽しませて頂き、

たくさんの役立つ案を頂いております。

 

今、現時点で何をすればよいのか?のアドバイスは非常に具体的で行動しやすく、

また、将来的なビジョンも具体的に教えて下さることので

こちらも大変助かっております。

 

佐藤さんにお会いしてから毎年毎年、

本当に豊かに楽しく仕事ができるようになりました。

 

これからも是非、どうぞ宜しくお願い致します。

 

本当に感謝しております。

 

株式会社eternal cheeR

 

えいごっこくらぶ

 

http://www.eigocco.com/

 

 

私がこのスクールに行っていることは
「現状認識」と「目標設定」です。

 

日々の細かなトラブルや悩みもありますが、
今の現状を正確に把握してもらい、
方向性を微修正していきます。

 

あとは、設定した目標に向けて
行動を起こしてもらうだけです。

 

あなたも現状がどのようになっているか、
今の現状をどのように打破していけばよいのか、

 

お悩みの場合、ぜひご連絡くださいね。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

 

 

教室運営のヒント NO,281◆お客さまの成果を詳しく伝えてみよう!

2019-02-25
お客さまの成果を詳しく伝えてみよう!

 

「遠方に大声で伝える女性社員」[モデル:土本寛子]

 

 

■先日、顧問先の英会話スクールに訪問したときのことです。

 

私「最近、成果を上げているお子さんっていますか?」

 

経営者「そうですね、小1で英検準2級が合格した子がいますよ!」

 

私「すごいじゃないですか!」
「他にもいるんですか?」

 

経営者「他ですか?あっ、小3で英検2級が合格した子もいましたね」

 

私「それって、HPなどで結果を公表しているんですか?」

 

経営者「特に何もやってないです、何かあまり特別なことと思えなくて」
「やっぱりHP等に載せたほうがいいですか?」

 

という会話がありました。

 

 

■そのスクールでは
小3で英検3級合格が当たり前で、
小1、小2の合格も特別なことと
思っていなかったようでした。

 

そのため、
特に合格発表や英検に強いスクールとしての
差別化を出していません。

 

もちろん、全国にはこれ以上の成果を出している
スクールもあるとは思います。

 

しかし、そのスクールが商圏とするエリアで、
それ以上の成果を出しているところはありません。

 

 

■そこで、このことを大々的に告知していこうと
経営者の方へお話しをしました。

 

それもただ、小1英検準2級合格や
小2英検2級合格だけではなく、
そのくらいの英語力から、どれくらいの時間で、
どういった勉強方法で合格に至ったのかを、
詳しく記載するようにアドバイスをしました。

 

また、小学3年生の段階で、何割の子どもたちが
英検3級に合格しているのか、
学習期間を平均どのくらいなのか
分かるようにするといいですよ、
と付け加えました。

 

 

■普通に年齢と何級に合格だけだと、
それはそれで、すごいと思われるかもしれませんが、
うちの子では難しいかもしれない…と

 

さらに、
小さなころからやっているからできるけど
うちの子はもう遅いかもしれないと
思ってしまうかもしれません。

 

それでは現実味がなくなってしまいます。

 

誰でもとは、いかないかもしれませんが
うちの子でもいけるかもしれないと、
思ってもらえなければ他人事でスルーです。

 

 

■詳しく学習法をオープンにすることに、抵抗を持つ
経営者の方もいるかもしれません。

 

しかし、テキストがオリジナルではなく、
市販されているもので、
簡単にまねをされるようなものであれば、
いずれかは他も同じようなことができるようになります。

 

それでは、差別化を謳うことは難しいです。

 

また、1名だけ、ずば抜けた結果を出しても
それは、たまたま優秀な子どもに出会えただけと
思われてしまうかもしれません。

 

しかし、毎年継続的に素晴らしい結果を、出し続けていくこと、
学習法をオープンにしたからと言って、簡単にまねができない
管理方法を持ってこそ、差別化につながります。

 

せっかくのお客さまの成果です。
詳しく公開してみませんか。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,280◆お客さまのことどのくらい知っていますか?

2019-02-22
お客さまのことどのくらい知っていますか?

 

「笑顔でお客様を迎えるホットくん」[モデル:ホットくん]

 

 

■昔、子ども英会話スクールを経営していたころ、
講師たちに生徒である子どもが今何に興味があるのか
と質問をしたことがあります。

 

年齢ごとに興味のあるものは違います。

 

アニメやキャラクター、ゲーム、マンガや
スポーツや音楽など、興味があるものがあると思います。

 

最低限、お客さまが子どもだった場合、
興味のあるものを知っておいた方がよいというのが
私の考えでしたが、、、

 

 

■「私は、子どもたちに英語を教えているんです。
そんなことを知る必要はないです。」
と、言う講師もいました。

 

皆さんはどのように思いますか。

 

確かに英語を教えているので、そのような雑学的なことを
わざわざ知らなくても、もっと英語のことを知ったほうが
よいという考えもあるでしょう。

 

しかし、子どもたちとのコミュニケーションをとるため
クラッチングをするために、共通の話題があるのと
ないのとでは違わないですか。

 

 

■もちろん興味があることだけではないです。

 

お客さまの家族状況や性格、学校などでの状況、
知っておくべきことは結構あります。

 

まずは、この先生から習いたいと、
お客さまに思ってもらうことが必要だと思います。

 

そのためには教授する知識も必要ですが、
共通な話題から親近感を持ってもらうことも
必要だと思います。

 

これは子どもだけではなく大人でも同じことだと思います。

 

自分のことをちゃんと理解してくれている、
自分のことをよく知ってくれている講師から
教わりたいとお客さまは考えると思いませんか。

 

 

■講師の持ち生徒数の上限の目安を
3ヶ月間で生徒の状況を把握できる数と
しています。

 

3ヶ月間で把握できる数が50名であれば、
持ち生徒数は50名が目安です。

 

把握できる数が100名であれば、100名が目安です。

 

お客さまのことを知ること、重要なことだと思います。
皆さんは、お客さまのことどのくらい知っていますか。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

 

教室運営のヒント NO,279◆人を大切にしないスクール

2019-02-06
人を大切にしないスクール

 

「想定外の出来事が起きて慌てる女性介護士」[モデル:yumiko]

 

■先日、ある学習塾経営者からご相談がありました。

 

「雇用保険って加入しなければいけないですか?」

「今は加入していないんですが大丈夫ですか?」

 

こういった内容のものでした。

 

私も状況がよく分からないまま答えることは
できませんので、少し事情を伺うと…

 

どうも、塾業界では雇用保険に加入していないところが
ほとんどなので、加入する必要がないとアドバイスを
受けたということでした。

 

 

■誰がそういったアドバイスをしたのかは別にして、
加入は義務なので、すぐに手続きをしたほうがいいと
伝えました。

 

私は法律家ではありませんが、スクール経営にかかわる
法律は、常に勉強をしています。

 

代表を務める会社の役員である弁護士や社労士とも
情報交換をしています。

 

情報交換のなかで、経営状態が苦しくて
社会保険の加入もできていないところも
耳にします。

 

しかし、今回の相談で驚いたことが、
学習塾業界では雇用保険に加入をしていないところが
多いということを平気で言う人がいたことです。

 

ただでさえ、学習塾業界をブラックだと
思われつつある状況のなか、まともな労働条件を
提示できないようでは先が見えています。

 

すべての学習塾がそうだとは思いませんし、
しっかりと行っているところも私も知っています。

 

しかし、最低限、法律で決まっていることさえできない
人を雇用することを勘違いし、人を大切にできないのであれば、
子どもたちにものを教える以前の問題のように思えます。

 

 

■経営が苦しい、資金繰りがうまくいかない、
大変なことはスクールを経営していたらあるとは思います。

 

利益を出すため、キャッシュフローを良くするために
経費を削減することも必要なことです。

 

しかし、削減してよい部分と削減してはいけない部分が
存在します。

 

特に人件費です。

 

過剰な人員や効率が悪いシフトによる人件費は
削減をしなければいけませんが、バランスのとれた人件費を
無理に削減をすることは、目先では利益を生むかもしれませんが、
5年後、10年後を考えた場合、どうでしょうか。

 

単純に人件費を削減するのではなく、
人の稼働率を考えることです。

 

そして経営者の報酬を下げ、自ら現場に立つことです。
苦しい時ほど、スマートに行おうとしてもなかなかうまくいきません。
カッコ悪いかもしれませんが、もがくことも必要です。

 

ハード面で勝る大手ではなくソフト面で差別化を図ろうとする
中小で人を大切にできないスクールの先は明るいと思いますか?

 

お客さまによりよく学ぶ環境を提供するように
スタッフにもよりよく働く環境を提供することが
できるようにしてみませんか。

 

私もきれいごとを言うわけではありませんが、
皆さんに少し考えていただきたいと思い、問題提起をしました。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

 

« 過去の記事を見る
教育コンサルティングメルマガ「英会話教室の病院」メールマガジンの登録はこちら メディア・マスコミ掲載実績 お客様の声 スクール運営の極意・セミナー動画解禁! 書籍・マニュアル
生徒に恵まれるスクール&教室 開業・経営バイブル(技術評論社)

新たな成功法則を公開!

生徒に恵まれるスクール&教室
開業・経営バイブル(技術評論社)

スクールビジネスを経営・管理されている方、スクールビジネスでの独立を希望されている方のための本格派書籍!スクール&教室の進化を続ける成功法則を公開!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

大好評により増刷!!!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

プロが教える実践的ノウハウの集大成!

アマゾン教育史1位/学校教育・一般1位、楽天ブックス語学・学習参考書1位
「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

スクール経営者・講師向けDVD
各種スクールでの指導・運営をお助け!研修教材にも最適。


英会話教室運営のツボ

英会話教室運営のツボ

販売終了

生徒募集・退会防止・教室管理・会員管理・講師管理等スクール運営に不可欠なノウハウを公開!

外国人講師採用のツボ

外国人講師採用のツボ

販売終了

行政書士をも唸らせた【外国人講師採用に特化したマニュアル】ビザ関連も分かりやすく説明!