スクール集客 コンサル 生徒集め 名古屋 佐藤仁 ノーボーダー

電話でのお問い合わせ(052-853-7025) お問い合わせフォーム

スクール経営について の記事一覧

教室運営のヒント NO,258◆特徴ではなくメリットを!

2018-09-20
特徴ではなくメリットを!

 

「謹賀新年!初売りのご案内!謹賀新年!初売りのご案内!」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

 

■チラシやホームページを診断をしていて
これは、もったいない。と思うことが多々あります。

 

何がもったいないかと言うと、
HPに書かれていることのほとんどの主語が
自スクールになっていることです。

 

まぁ、確かに、どういったスクールかを
HPに記載して、消費者に理解してもらうという
ことは分かります。

 

チラシにしてもそうですね。

 

 

■しかし、消費者は主語がスクールである
所謂、スクールの特徴には反応が薄いのが
現状です。

 

たとえば、〇〇メソッドを使用しています。
と、HPやチラシに書いてあるとしますよね。

 

それを見た消費者はどのように思うでしょうか。

 

スクールからすると、〇〇メソッドは
すばらしいものだから、それを消費者に伝えたい
と言うところでしょう。

 

ただ、いろいろなメソッドを知り、
理解している方でないと、、、

 

「それで?」「だから?」となってしまいます。

 

あくまで、〇〇メソッドを使用しているのは
スクール側が言う「特徴」です。

 

その特徴から自分に置き換えることができる
想像力を持つ、消費者にはいいかもしれませんが、
それ以外の人にとっては、「だから?」と
なってしまいます。

 

 

■なので、「特徴」を伝えようとするのではなく、
「メリット」を伝えるようにしましょう。

 

つまり〇〇メソッドにより、通うとこのようになる
といった主語をお客さまとしていくわけです。

 

たとえば、皆さんもスタッフを雇用する際に
面接をする時があると思います。

 

面接の際、来た人が、

 

・学歴は旧帝をでています

・1年間留学をしています

 

など、自分の特徴ばかり言ってきたらどうでしょう。

 

「だから?」となりませんか。

 

もちろん、面接なので、面接側もその特徴をもとに
自分のところで何ができるのかを想像するとは思いますが。

 

・旧帝を出ているから、会社で何ができるのか

・留学しているから、何ができ、会社にメリットが
あるのか

 

と言うことをこちら側の想像だけではなく、
知りたいですよね。

 

 

■これと同じように、言うならばもっともっと、
消費者はスクールの特徴ではなく、
そのスクールに通うことで自分が得れるメリットを
知りたいんです。

 

そのためにも、主語はスクールではなく、お客さま
スクールの特徴ではなく、お客さまのメリットを
チラシやホームページに記載していきましょう。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,257◆お金を借りることは悪いこと?

2018-09-17
お金を借りることは悪いこと?

 

金欠に苦しむ貧困女子

 

■「お金」はビジネスを行うにおいて
とても重要なもので、人で言えば
「血液」のようなものです。

 

お金がなくなるとビジネスは
行えなくなってしまいます。

 

よくお客さまに、お金は借りたほうがいいのか、
という質問をいただくのですが、

 

まず、お金が必要となる理由が重要です。

 

主に、お金が必要となるときは

・スクールが赤字である

・新たに設備投資を行う

 

といったときですね。

 

私がスクールを経営していたころも、
お金にはいつも困っていました。

 

資金繰りは社長の重要な仕事の一つと言われるくらい、
どのようにして資金を調達してくるのかを
本当にいつも考えていました。

 

私の場合は、前述のなかの
設備投資を行うための資金調達がメインでしたが、
新しい教室を立ち上げても、
すぐには採算ベースにはならないので、
運転資金と言う使途もありました。

 

単純に、1教室を立ち上げるために

 

保証金や内装費等で200万円ほど、
講師確保のために求人費、
生徒募集のための費用

 

1教室が採算ベースになるまでに
900万円ほど必要となりました。

 

その教室を初年度1年間で15教室立ち上げていますので、
本当にお金が足らないですよね。

 

 

■特に赤字で運転資金が足りないとき、
お金を借りようと思ってもなかなか難しいです。

 

そもそも金融機関は赤字補填資金を
貸したがらないです。

 

それは、貸したお金が返ってこない可能性が
あると思われてしまうからです。

 

もし赤字であれば、
どのようにして、いつから黒字になるか、
事業計画が必要となります。

 

設備投資の場合は、資金使途がはっきりとしているため
赤字による運転資金に比べて、調達はやりやすいですが、
同じように、いつから黒字化するのかと言う
事業計画は必要となります。

 

 

■こう考えると、お金を借りるのは大変だから
あまり借りたくない、と思われる方もいるでしょう。

 

確かに赤字でなく黒字でお金が回っているのであれば、
無理をして借りる必要はありません。

 

また、設備投資にしても潤沢な資産があり、
それを使うことができるのであれば、
借りる必要はまったくありません。

 

しかし、お金に余裕がなく、いつも不安で
精神的に良くないと思われている場合、
それではスクール運営に支障がでてきますよね。

 

もし手持ちに資金がない場合、
それでも新しい設備投資をしたいと思ったとき
どこからか、資金を調達する必要がありますよね。

 

 

■お金を借りることにより、よくなることもあります。

 

お金を借りることは決して悪いことではありません。

 

必要なときに借りることにより、
より良いスクール運営や経営ができることもあります。

 

ただ、借りたお金は返さなければいけませんので、
借りれるからと言って、必要のない時に借りる必要も
ありません。

 

お金を借りられることが信用の証と、言われる方もいますが、
確かに間違いではありませんが、
お金を借りていないから信用されていないという
わけでもありません。

 

必要なときに借りるお金は、決して悪いことではない
という認識を持ってもらえればいいと思いますよ。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,256◆退会防止にはコミュニケーションだが。。。

2018-09-14
退会防止にはコミュニケーションだが。。。

 

 

「近くにいるけど会話は全部アプリから近くにいるけど会話は全部アプリから」[モデル:Max_Ezaki ozpa]のフリー写真素材を拡大

 

 

■スクール運営で大切なことに
「生徒募集」と「退会防止」がありますね。

 

これは皆さんも十分お分かりのことだと思います。

 

どれだけ、良いサービスを持っていても
すばらしい、レッスンスキルを持っていても

 

お客さまがいなければ、全く意味をなさないです。

 

 

■「生徒募集」と「退会防止」は本来両輪ですが、
生徒募集に強いスクールは、退会防止に弱い傾向は
ありますね。

 

私の持論ですが、生徒1名の募集より、
退会者を1名出さないことの方が、重要だと思っています。

 

それは、

 

すでにスクールに通っている、
スクールのことを理解し始めている、

 

今後、スクールのファンになる可能性を
少しでも持ち始めている方と
ここからスクールに通い始める方とでは
違うからです。

 

スクール業界では馴染みがないかもしれませんが、
すでに通われている方はリピーターになります。

 

飲食業界で言えば、常連さんになります。

 

 

■リピーター、常連を逃すことがスクールにとって
マイナスなことは重々ご理解いただいていると思います。

 

では、どのようにすればそういった方々を
逃さずに済むのかと言うことです。

 

退会防止方法と言うのは、いくつかあるのですが、
実際問題、残念ながらこれを行えば、絶対大丈夫と
言うものはありません。

 

方針としては、お客さまの考えるスクールの優先順位を
下げないということになります。

 

そのためには、コミュニケーションをとるという方法が
一番効果的ではないかと思われます。

 

 

■ただ、

 

コミュニケーションと言われても
何を話せばいいのか分からない

 

実際にお客さまと会話をしているけど
退会願いが止まらない

 

と言うスクールもあるかもしれません。

 

簡単にコミュニケーションと言っても
ただ漠然と話せばいいわけではありません。

 

今のお客さまの状況を把握することが
コミュニケーションの目的になります。

 

話しは戻りますが、お客さまの状況を把握することで
先程の優先順位を下げないように対策することが
退会を防止するということでは効果を発揮します。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,255◆無料でも使えるものはある!

2018-09-10
無料でも使えるものはある!

 

「仮想通貨と貨幣とクレジットカード仮想通貨と貨幣とクレジットカード」のフリー写真素材を拡大

 

 

 

■開業したばかり

 

売上が思うように上がらない

売上が落ちてきている

 

こういった場合、できる限り費用をかけずに
スクール運営を行おうとしますよね。

 

先立つものがない場合、費用もかけられないです。

 

そうすると、人も雇えないから
雑務を含めてすべてを自分で行ってしまう。

 

本当はもっとやらなければいけないことがあるのに
そこまで手が回らない。。。。

 

 

■だんだんとお客さまが増えてきて
売上に目途がついてきたけど、
人を雇わずにすべて自分で行ってしまう。

 

スクールビジネスは労働集約型なので
これでは売上にも限界がきてしまいます。

 

こういった場合、無料のツールを使うのは
いかがですか?

 

たとえば、
お客さまの振替の対応はどのようにされていますか。

 

もし、電話やメールによる連絡で、
ホワイトボードや紙にレッスンスケジュールの変更を
されている場合、かなり大変じゃないですか。

 

いやいや、うちはまだお客さまも少ないから
全然問題ないよ!と思われている方でも。

 

そこに費やす時間をもっと別のことに使えると
よくないですか。

 

 

■たとえば、一例にはなりますが、今では、

 

「Coubic/クービック」
https://coubic.com/

 

「RESERVA/レゼルバ」
https://reserva.be/

 

などの無料で利用できる予約システムがあります。

 

また、ホームページもWIXとかJimdoといった無料で
使えるものもあります。

 

いずれ無料から有料への切替は必要だと思いますが、
少しでも費用の負担を減らしたい場合、
無料のツールを使ってみるのもいいと思いますよ。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,254◆スクール名に拘り過ぎ??

2018-09-03
スクール名に拘り過ぎ??

 

「眼鏡クイッ女子眼鏡クイッ女子」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

 

 

 

■あなたのスクールの名前は何って言いますか?

 

突然な質問で申し訳ないですが、
スクールの名前はどのように決めましたか?

 

きっと、スクールを立ち上げる時の思いを
名前にした方もいるでしょう。

 

独立をしたら、この名前にしようと考え
付けられたスクール名もあるでしょう。

 

 

■では、あなたのスクール名は何をやっているところか
消費者の方が分かるようになっていますか?

 

いろいろな思いを込めたスクール名。

 

その名前をホームページや看板を見て
何をやっているところか、何も知らない人が見て
分かりますか?

 

実は、私も少しかかわっているスクールですが、
大手広告代理店に依頼をして、スクール名やロゴを
作成したようですが。。。

 

う~ん、これがパッと見て分かりにくいのです。

 

確かにおしゃれにできているロゴです。

 

教室もモダンに作りになっています。

 

しかし、何をやっているところか、
パッと見て分かりにくいように思えました。

 

 

■拘ることは、決して悪いことではありません。

 

しかし、何も知らない人が見て、
何をやっているところか、分からないのは
もったいなくないですか。

 

私がスクールを経営していたころ、
看板のデザインを考えました。

 

私よりはるかにセンスが良いスタッフが

 

看板にこの線を追加した方がよりバランスが良い
この文字はここに配置した方がきれいに見える

 

といろいろと考えてくれ、設置したことがあります。

 

しかし、その線にしろ、文字の配置にしろ
気づいてくれたお客さまは、聞いてみたところ、
100名に確認して、残念なことに1名もいませんでした。

 

 

■確かにバランスやデザインも重要かもしれません。

 

が、しかし、何をやっているところか
すぐにわかるようにすることは重要です。

 

特に認知度が低い、初期段階は、です。

 

スクールの名前もそうです。

 

何屋さん?と分からないようでは、
もったいないです。

 

もしスクール名だけでは、何をやっているところか
分かりにくいようであれば、大きく何をやっている
スクールか、分かるように上に〇〇スクールと
記載した方がいいと思います。

 

少し泥臭いかもしれませんが、認知してもらえれば
よくないですか。

 

きれいに行おうとしても知ってもらえなければ
意味がないように思えますが、どうでしょう。

 

拘りも必要ですが、原点に返ってみることも
重要ではないですか。

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

教室運営のヒント NO,253◆何とかなるし、何とかできる!

2018-08-29
何とかなるし、何とかできる!

「拡声器で応援する女性社員拡声器で応援する女性社員」[モデル:河村友歌]のフリー写真素材を拡大

 

 

■私のところへお越しになる方は、

 

「ホームページに載せる内容が思いつかない」

 

「ブログで集客したいんだけど、
どうすればいいのか、分からない」

 

「Facebookに何を投稿すればいいのか
分からない」

 

「今後、どのようにすればいいのか
分からない」

 

と言った、先が見えなくなったり、
次の行動をどうすればいいのか、
分からなくなったりしているケースが
多々あります。

 

 

■簡単に言えば、

 

方法論で詰まってしまっている、
具体的な成功法則を持っていない、

 

と言った点が原因と考えられます。

 

ただ、そういった方々にも
「何とかなるし、何とかできる!」と
お伝えしています。

 

これだけだと、無責任に何の根拠もなく
言っているように聞こえてしまうことも
あるかもしれません。

 

 

■そこで、私のお客さまはスクール系が
主なので、あるお話をしています。

 

たとえば、英会話スクールであったら

 

先生のところに来るお客さまって

 

・英語が分からない

・どうしたらTOEICの点数をアップできるか
分からない

・英語が喋れるようになるには
どうすればいいのか

 

と言った方たちじゃないですか。

 

そういったお客さまに、先生だったら
こういった方法を行えば、

 

・英語が分かるようになったり

・TOEICの点数がアップしたり

・英語が喋れるようになったり

 

できるようになる、
そういった方法論を知っていますよね。

 

先生は多くのお客さまと接したり、
ご自身が学んだことなどにより
成功法則をお持ちですよね。

 

これと同じです。

 

私の場合も、多くのお客さまと接したり、
自分の体験をブラシュアップしたりしています。

 

そして、スクールの経営者の方の悩みを
解決できる方法論や成功法則を持っているだけです。

 

先生もそういった方法論がわかなくなっている
お客さまに対して、自分の成功法則や方法論で
改善できると思った場合、

 

「何とかなるし、何とかできる!」
って思いませんか。

 

 

■つまり、先が見えなくなったりするのは
その方法論や成功法則がないからです。

 

地図を持たないまま、ナビがない状態で
知らない土地に行くようなものです。

 

とても不安で先が見えなくなると思いますが、
その土地のことをよく知っている人であれば、
地図がなくても、ナビがなくても
目的地にはたどり着くことができます。

 

もし、先が見えなくなった場合、

 

・先を示してくれるナビを見つける

・先を知っている人に聞く

 

と進むべき道が見えてくるはずです。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,252◆部署・部門間で壁はないですか?

2018-08-23
部署・部門間で壁はないですか?

 

「飲み会で乾杯!飲み会で乾杯!」[モデル:たけべともこ]のフリー写真素材を拡大

 

■個人ですべての業務を行っていると
起きないのですが、少しずつ規模が大きくなると
起こり始めてくることがあります。

 

それが、部署や部門間での情報共有が
難しくなるということです。

 

私の経営していたスクールの場合でも
なぜか、壁ができていました。

 

成人と子ども部門での壁は、講師が同じであると
いうこともあり、情報共有もでき、
壁は存在していませんでしたが、、、

 

営業部と教務部での部署間には、
少し見えない壁がありました。

 

 

■元々、部署が違うため、給与体系や勤務体系にも
違いはありました。

 

そこで起きていたことが、
営業部から教務部に対して、
勤務時間への不満でした。

 

「いいよね~、教務部は早く帰れて」
と言う気持ちから、

 

生徒を1名集めるのが
どれだけ大変か分かっていないから
すぐに辞めさせる。

 

と言う文句になり、

 

教務部からは営業部の入れる生徒は
強引に入会させるから、すぐに辞めてしまう。

 

と言うようにお互いのことを否定していきます。

 

 

■私の知っているスクールでは、部署間ではなく
部門間での情報共有がうまくいかず、
壁ができているところもあります。

 

たとえば、成人部門と子ども部門。

 

英会話部門と学習塾部門。

 

残念なことですが、実際に壁があるところは多いです。

 

あそこの部門とうちの部門は違うから。

 

原因の一つは、部門ごとの採算性を追求するという
ことが考えられます。

 

部門ごとで競争させ、お互いが切磋琢磨して
伸びていけばいいですが、うちの部門は忙しいから
他の部門のお手伝いはできない。

 

と、採算性だけにフォーカスしてしまうと
こういったマイナス部分も出てきます。

 

同じ会社なのに、情報共有もせずに
自分の部門の採算性だけを意識する。

 

採算性を考えることは、とても重要ですが、
お客さまからしてみると、どの部門であれ、
同じ○○スクールのスタッフと言う認識です。

 

 

■それはこちらの部門ではないので、
△△部門へ聞いてください。と言うような
返答をお客さまにしていないですか。

 

あそこは、あそこ。だから、うちは関係ない
と思っていませんか。

 

経営者の方で、自分のスクールの部門や部署間で
何か歪は起きていませんか。

 

もし、気になるようであれば、
早急に対応策を考えたほうがいいです。

 

簡単ではないですが、一枚岩にならなければ
いけないと思いますよ。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,251◆人が人と接すること

2018-08-02
人が人と接すること

 

 

「いすみ市太東崎灯台で自撮りをする女性観光客いすみ市太東崎灯台で自撮りをする女性観光客」[モデル:河村友歌 渡辺友美子]のフリー写真素材を拡大

 

 

■私の家の近くに24時間営業のジムが
できました。

 

24時間営業なので、さすがにスタッフは
ずっと滞在してることはないようです。

 

ただ、マシンは充実しているようです。

 

自分で自分をしっかりと管理できる方には
時間の制限がなく、自分の思ったタイミングで
通うことができるこういったジムは
マッチしているでしょう。

 

 

■自分で学習する人には施設の提供と言う
キーワードは重要だと思います。

 

たとえば、学習塾であれば自習室の提供ですね。

 

こういったハード面を提供する場合と
ソフト面を提供する場合がありますが、
ターゲットとするお客さまによってきます。

 

ハード面を提供する場合、人と言うソフト面への
経費は少なくなってきます。

 

また、人に頼らないスタイルなので、
展開も早くすることができます。

 

充分、メリットはありますね。

 

 

■ただ、デメリットも考えないといけません。

 

人はどんな人でもモチベーションを
持ち続けることが難しいものです。

 

ひたすら、自分を自分で管理することができれば
いいのですが、それができる人ばかりではありません。

 

そういった場合、ハード面の提供だけでは、
いずれ、休会から退会に繋がり、継続率に
問題が出てくるでしょう。

 

人などのソフト面を提供する場合には、
価格面で、どうしても高くはなってしまいます。

 

しかし、人と人が接することで、
モチベーションの維持ができるようにもなります。

 

 

■さらに、ライザップのようにマンツーマンで
行うことにより、自分ではなく他人が管理してくれると
甘い部分を排除してくれ、目標に向かうことが
できるようになります。

 

どうしても人は辛いことや面倒なことを避けようとします。

 

さらに、強制力がなければ、なおさら優先順位を
下げてしまいがちです。

 

人が人と接すること、ソフト面を提供するのであれば、
そのお客さまが続けることを怠らないように
管理していくことは重要です。

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,250◆経営者には業界経験が必要?

2018-07-27
経営者には業界経験が必要?

 

 

「手ごたえを感じるビジネスマン手ごたえを感じるビジネスマン」[モデル:恭平]のフリー写真素材を拡大

 

 

■スクールを起業される方のなかに
こういった質問をされる方がいます。

 

「経験者でないと無理ですか?」

 

「一度、業界で仕事をしたほうがいいですか?」

 

と言った質問です。

 

私からの答えは、

 

「経験者でなくてもできますよ!」

 

「業界で仕事をできるならしたほうがいいですよ!」

 

と言うものです。

 

 

■つまり、

 

経験者でなくてもできますが、
業界で仕事をした経験があったほうがいい

 

と言うことです。

 

ガッツリと講師を経験した経営者には
スクール経営においてメリットとデメリットの
両方が存在します。

 

同じように未経験者の経営者にも
メリットとデメリットがあります。

 

 

■ただ、日本政策金融公庫で創業資金を調達しようと
考えている場合には、経験は不可欠です。

 

また、スクール経営を儲かるビジネスと思い
投資目的で開業することは、あまりお勧めしません。

 

「副業でスクールビジネスを!」

 

「貴社のビジネスにはスクールビジネスがマッチします!」

 

みたいな謳い文句で、
スクールビジネスを始められることは
そうですね、あまりうまくいかないんじゃないですか。

 

別にスクールビジネスで儲けたいという考えを
否定しているわけではありません。

 

 

■もし儲けたいという考えだけであれば、
別のビジネスを始められた方がいいと思います。

 

スクールビジネスは、経験のない方が
思っている以上に手間暇のかかるビジネスです。

 

とても片手間でできるビジネスではないので、
本当にスクールビジネスをやりたいと思った人だけ
やったほうがいいですね。

 

なので、
冒頭の質問に対しての私の答えを補足すると、

 

「経験がなくてもできますが、
この仕事やってみたいと思いますか?」

 

「もしよく分からないなら、
一度、業界で仕事をしてみて
面白い、やりたい、この仕事が好きだと
思えたら、始めてみませんか?」

 

ですね!

 

もし、スクールの起業を考えられているのであれば
ぜひ、一度ご相談くださいね。

 

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,249◆心理学を使った広告

2018-07-25
心理学を使った広告

 

「青白い光青白い光」のフリー写真素材を拡大

 

 

■冒頭でもお伝えした基調講演にて
キャッチコピーについてお話しさせていただきました。

 

その時のお話を少し、皆さんとシェアしたいと思います。

 

さて、突然ですが、

 

・今から英語を習うことで、あなたにはバラ色の人生が
待っています!

 

・今、英語を習わないと、今後のあなたの人生で
とんでもないことが起こります!

 

この2つのフレーズだと、どちらの方が消費者の反応が
いいと思いますか?

 

 

■同じような質問を基調講演でもしましたが、
あなたはどちらだと思いますか?

 

まず、答えの前に、基調講演に参加されていた先生方は
30名弱みえましたが、全員が一致して後者を選びました。

 

実はこのフレーズには心理学を利用しているんです。

 

前者がポジティブフレーム
後者がネガティブフレーム

 

を利用してフレーズを作っています。

 

 

■今回、活用している心理学が
「プロスペクト理論」というものです。

 

聞きなれない言葉かもしれませんので、
簡単に説明をすると、

 

「人は得をするよりも損をしたくないと言う思い
の方が強い」

 

と言うことです。

 

感じる得と損との比率は
およそ1:2~2.5と言われています。

 

 

■今回お伝えしている2つのフレーズ

 

・前者は得を感じるポジティブなフレーズ
・後者は損を感じるネガティブなフレーズ

 

になっていますので、「プロスペクト理論」で言えば、
後者の損を感じるフレーズの方が反応率は良いと
思われます。

 

こういった心理学を活用した広告もありです。

 

ただ、くれぐれもやり過ぎると、あとで嫌な思いを
することがありますので、気を付けてくださいね。

 

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

« 過去の記事を見る
教育コンサルティングメルマガ「英会話教室の病院」メールマガジンの登録はこちら メディア・マスコミ掲載実績 お客様の声 スクール運営の極意・セミナー動画解禁! 書籍・マニュアル
生徒に恵まれるスクール&教室 開業・経営バイブル(技術評論社)

新たな成功法則を公開!

生徒に恵まれるスクール&教室
開業・経営バイブル(技術評論社)

スクールビジネスを経営・管理されている方、スクールビジネスでの独立を希望されている方のための本格派書籍!スクール&教室の進化を続ける成功法則を公開!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

大好評により増刷!!!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

プロが教える実践的ノウハウの集大成!

アマゾン教育史1位/学校教育・一般1位、楽天ブックス語学・学習参考書1位
「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

スクール経営者・講師向けDVD
各種スクールでの指導・運営をお助け!研修教材にも最適。


英会話教室運営のツボ

英会話教室運営のツボ

販売終了

生徒募集・退会防止・教室管理・会員管理・講師管理等スクール運営に不可欠なノウハウを公開!

外国人講師採用のツボ

外国人講師採用のツボ

販売終了

行政書士をも唸らせた【外国人講師採用に特化したマニュアル】ビザ関連も分かりやすく説明!