スクール集客 コンサル 生徒集め 名古屋 佐藤仁 ノーボーダー

電話でのお問い合わせ(052-853-7025) お問い合わせフォーム

スクール経営について の記事一覧

教室運営のヒント NO,237◆知ってもらう、見てもらう方法

2018-05-10
知ってもらう、見てもらう方法

 

我がこころ君のみぞ知る(ピンクの薔薇)

 

 

■先日、このようなメールをいただきました。

 

——-Original Message——–

 

ご無沙汰しております。
□□スクールの〇〇です。

 

この前はいろいろと教えて頂き、ありがとうございました。

 

開校してもうすぐ6カ月経ちますが、
今のところ、全然問い合わせがないです。

 

まず教室を知ってもらう事が大事だと思い、
自分なりに近隣にポスティングをしたり、
お金をかけて新聞折込チラシもやりましたが、
ほとんど効果はありませんでした。。。

 

また佐藤先生にアドバイスをお願いしたく、
ご連絡をさせていただきました。

 

どのように手続きを進めたらいいか、教えてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

——-End of message———-

 

というメールをいただきました。

 

ポスティングしたのに反応がない・・・

 

お金をかけて新聞折込チラシをやったのに
全然問い合わせがない・・・

 

こういった状況になっているスクールは
実は多いのではないかと思います。

 

なぜ、この方は一生懸命宣伝広告活動を
行っているのに、問い合わせがないのか?

 

実は、この方は集客に関して
大きな間違いをしています。

 

 

■もし、あなたもこの質問をしてきた方と
同じ状況であったとすれば、

 

今回のメルマガは結構重要です。

 

集客の悩みが解消されるかもしれません。

 

ですので、ここから先は
集中力を上げてご覧くださいね。

 

 

■知ってもらう方法、来てもらう方法

 

それではこれから多くの人が犯している集客の
間違いについて、お話をしていきますね。

 

その前に、まず私が考える生徒集客には
3つの不可欠なポイントがあります。

 

▼消費者に知ってもらう
どのようなスクールなのか、このスクールに通ったら
どうなるのかを認知してもらうことです。

 

▼消費者にみてもらう
実際にスクールの雰囲気やレッスンをみてもらい、
実感してもらうことです。

 

▼入会へのアプローチ
スクール入会への入会説明をすることです。

 

まず、この方がどれくらいの規模でポスティングや
新聞折込チラシをしたのか、記載はされていませんでしたが、

 

「消費者に知ってもらう」

 

という目的で宣伝広告活動をしたのであれば
目的はある程度達成できていると思います。

 

しかし、知ってもらえたにも関わらず、
問い合わせが、全然来なかったのでしょうか?

 

 

■実は、多くの人が勘違いしていることが

 

「消費者に教室を知ってもらう」
と言うことの本質と

 

「消費者にみてもらう」
と言うステップを見逃している

 

ということです。

 

多くのスクールは、生徒を集めようとして
様々な宣伝をしています。

 

たとえば、

 

・チラシのポスティング

・新聞折込みチラシ

・フリーペーパー

・SNSを使う

 

このようにいろいろな方法を使って
行っています。

 

 

■しかし、それらの方法を使うほとんどの人が
生徒を思うように集められていないと思います。

 

なぜなら、

 

教室の存在を知ってもらうことはできても
どのような教室なのか、教室に通ったらどうなるのか、

 

さらに、教室に来て見てもらうことができていない

 

からです。

 

 

■しかし、多くの人はそういったやり方を知らず

 

「チラシを出せばお客さまは来てくれる」

「SNSを使えばお客さまは来てくれる」

 

というふうに思い込んでしまっているのです。

 

しかし、それらの方法では、
教室の存在は知ってもらったけど、
どういった教室なのかと言う認知にはつながらず
教室に行こうと思わない。

 

その結果、

 

「色々宣伝をしているのに生徒が集まらない。。。」

 

という状況に陥ってしまうのです。

 

 

■いかがですか。

 

あなたは、

 

どのような教室なのか、教室に通ったらどうなるのか、
と言う点は販促ツールに記載されていますか。

 

また、教室に来て見てもらう、ために
どのような方法をとられていますか。

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,236◆稼働率を考える

2018-04-18
稼働率を考える

 

渋谷のIT企業で働くキラキラ女性広報

 

 

■私が考えるスクール経営における
損益に関する支出の比率があります。

 

・営業利益10%
・講師料30%
・宣伝広告費15%
・地代家賃15%

 

※売上高に対する比率

 

この中で特に講師料の割合が高いスクールが
多いのが現状です。

 

なかには講師料が50%と授業料の半分となる
スクールもあります。

 

私自身の考えでは、講師の報酬は上げるべきだと
考えており、高額報酬を推進しています。

 

間違っても利益を出すために、人件費を
削減するということはお勧めしていません。

 

 

■報酬を上げると、講師料の売上割合が増えるのでは?
と疑問に思われるかもしれません。

 

売上割合の30%なんて机上の空論でしょ!
と思われるかもしれません。

 

講師の報酬を上げるけど、売上割合は上げない

 

このための対策が実はあります。

 

それが「稼働率」です。

 

 

■たとえば、グループレッスンの場合、
定員数がありますよね。

 

6名定員のところが3名や2名だったり
していませんか。

 

定員数に対しての在籍数の稼働率を
80%以上のできたらどうでしょうか。

 

6名の定員であれば5名での稼働ですね。

 

 

■たとえば、100名の生徒がいるとした場合、
月曜日から土曜日まで開講しているのと
月曜日から木曜日までの開講ではどうでしょうか。

 

6曜日開講で100名と4曜日開講で100名では
稼働率が違いますよね。

 

クラスの稼働率と曜日の稼働率を考えれば、
売上割合を上げることなく、講師料を上げることが
可能になります。

 

ぜひ、皆さんのスクールの稼働率を考えてみるのは
いかがでしょうか。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,235◆見た目が100%?1000%??

2018-04-15
見た目が100%?1000%??

 

時計うさぎを追いかけて眠る女の子(不思議の国の森ガール)

 

 

■先日行われた

 

「5年間の継続率90%超・選ばれる子ども英会話教室
のオーナー先生に聞く、人気教室の作り方」

 

のセミナー講師を務められた宗形和奈さんが
セミナーのなかで

 

「見た目が100%、いや1000%」と
お話ししていました。

 

言葉の表面上だけを取ってしまうと
いろいろと誤解が出そうな言葉です。

 

 

■しかし、この言葉、実はとても奥が深いんです。

 

詳しい内容はセミナーDVDが発売されて、
ご覧になっていただければ一番いいと思いますが、

 

簡単にまとめると、

 

「通ってきている子どもたちのため」

 

と言うことになります。

 

たとえば、

 

子どもたちが、今日の先生の格好って
どんな感じだろう、とワクワクしながら教室に来る

 

アクセサリーも子どもたちが興味を持つように
拘っています。

 

ちなみに、私のFBにセミナーの写真を
アップしていますので、ご覧いただけます。

 

https://www.facebook.com/hitoshi.sato.121

 

 

■ここで勘違いしてほしくないのは、

 

・私はこんな派手な格好はできないとか

・私は講師だから講師らしい格好をするとか

 

否定という先入観を持ってもらいたくないです。

 

このスタイルは、彼女のキャラだからできるもので
皆さんにそのまま真似ろと言うことではありません。

 

ただ、子どもたちのことを思い、行きついたスタイルが
彼女の場合、こういった感じであるだけです。

 

それもキャラ立ちするスタイルであるということ。

 

 

■芸能人でもキャラを立てるために、あえてスタイルを
作っている方もいますよね。

 

もちろん、キャラや恰好だけで中身がなければ
飽きられてしまいます。

 

しかし、彼女の教室は退会者が非常に少ないことも
特徴の一つです。

 

これは恰好だけではなく、通ってくる子どものことを
とことん考え抜いて作り上げているレッスンや
サービスによるものです。

 

セミナーの休憩時間中に、彼女が使用している
ツールなども公開し、参加者の方々が皆、
写真に収めていました。

 

それだけ考えられたものです。

 

皆さんも通ってきているお客さまのことを
真剣に考えられていると思います。

 

それをかたちに表してみませんか?

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,234◆退会を予防する

2018-04-12
退会を予防する

 

花粉症でくしゃみが止まらないマスクをした女性

 

■退会防止は、生徒募集と同じく
多くのスクールが頭を悩ませている
ことだと思います。

 

退会者が出れば、新しい生徒が入会しない限り
生徒数は減ってしまいます。

 

どれだけ新規の生徒が入会しても
退会者が多いと純増が減り、
スクール経営が安定することはありません。

 

さらに私は、1名の新しい生徒の入会より
1名の退会者を出さないことの方を
重要視しています。

 

 

■その悩ましい退会ですが、
ほとんどのスクールは何らかの対策を
考えていると思います。

 

しかし、現実は対策を講じても
退会者が減らないと悩んでいるスクールも
あるでしょう。

 

今回は、この退会防止について
ひとつのヒントをお伝えしようと思います。

 

少し話しは変わってしまいますが、
皆さん、風邪をひかないように予防しませんか?

 

風邪をひいてしまうとレッスンをするのも大変ですし
何より、お客さまにうつしてしまう可能性があります。

 

風邪をひきたいという方は、いないと思いますし
できる限り、ひかないように予防をしますよね。

 

実は、これがヒントになります。

 

 

■退会も退会届が出てからでは、
私の経験上、2割の方が思いとどまってくれますが
8割の方は、どれだけ退会防止トークをしても
辞めてしまいます。

 

つまり、退会届が出されるとほとんどの方が
辞めてしまうということです。

 

その退会届が出されることを予防する。
このことがとても重要です。

 

風邪をひかないように気を付けることと同じように
退会届が出ないように気を付ける。

 

そのためには、日々のお客さまの状況を
確認することが必要です。

 

つまり、コミュニケーションをとることにより
未然に退会にならないようにするということです。

 

退会届が出てからでは遅いです。その前に予防を!

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,233◆消耗品ではなく耐久品のレッスンを

2018-04-02
消耗品ではなく耐久品のレッスンを

 

可愛い女性徒につきっきりのドイツ語教師

 

■消耗品、耐久品?
それがレッスンとどうつながるの?

 

と思われるタイトルですが、

 

まず、消耗品と耐久品を簡単に説明しますね。

 

・消耗品

一回の使用で状態変化を起こすか、使用に際して摩滅するために
やがては消耗して無くなったり使用できない状態に変化する物品

 

・耐久品

長期にわたって使用される商品を指す。
原則として想定耐用年数が1年以上で比較的購入価格が高いもの

 

このように定義されています。

 

 

■まだ、レッスンとどのように結びつくか
分かりにくいですよね。

 

ではこのような言い方だとどうでしょう。

 

・消耗品レッスンは、その場限りのレッスンで
効果が長く続かないもの

 

・耐久品レッスンとは、先を見据えたレッスンで
長期的に効果が感じられるもの

 

いかがでしょうか。

 

 

■単発のレッスンでは、その場いいかもしれませんが
先の効果が見られないので、消耗品レッスンとなり
お客さまも長く続けることができません。

 

そのため、レッスン料も高くすることは難しく、
スクール経営も厳しくなります。

 

逆に恒久的なレッスンは、先を見据え、
将来的にも効果が続き、耐久品レッスンとなり
お客さまも長く続けることができます。

 

レッスン料が高額であっても満足され
スクール経営は安定します。

 

 

■今、通われているお客さまが、
今受けているレッスンにより、どういった効果が
どのくらい続くのかを、明確にすること。

 

また、仮に3年通われた場合でも、
その効果は一生ものになるのであれば、
お客さまは満足していただけるはずです。

 

あなたのスクールに通うことにより
どういった一生ものの効果が得られるのか、

 

一度考えてみませんか。

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

 

banner_mailmag

 

 

教室運営のヒント NO,232◆嬉しいことは相手にも!

2018-03-30
嬉しいことは相手にも!

 

 

「手のひらの黄色い蝶(紅葉した銀杏の葉)」のフリー写真素材

 

■みなさんは、

 

買い物にお店に行ったり

 

食事をするためにお店に行ったり

 

旅行でホテルや旅館に泊まったり

 

しますよね。

 

そういったとき、

 

「あっ、これ嬉しいな!」

 

「あっ、これいいな!」

 

と思うことはないですか。

 

 

■たとえば、

 

服を選ぶことに悩んでいたら
押し付けるのではなく、さりげなく
自分に似合う服をチョイスしてくれる。

 

ホテルに泊まったら、
ちょっとしたメッセージが部屋にある。

 

など、さりげないけど、心に留まる

 

ちょっとしたサービスってありますよね。

 

 

■そういった嬉しいサービスを、
自分の教室のお客さまにもやってみませんか。

 

自分がやってもらえて、嬉しいと感じたことを
お客さまにもやってみませんか。

 

本当にさりげないことかもしれないですが、
おもてなしの気持ちは大事です。

 

 

■スクール業界はサービス業なので、
接客や接遇は重要なキーワードです。

 

接客は文字通りお客さまに接して、
必要なサービスを提供すること。

 

接遇は相手を限定することなく、快適な空間で
おもてなしの心を表すことです。

 

接遇をもった上でお客さまにおもてなしを
することが接客です。

 

 

■ちょっとしたことかもしれませんが、
こういった行動がお客さまをあなたのスクールの
ファンにさせることだと思います。

 

逆に自分がやられて、いやだと思ったことは
しないようにしなければいけません。

 

最近、嬉しいなと思ったことがあったら
お客さまにも同じ気持ちになってもらえる。

 

そんなスクールにしてみませんか。

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

 

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,231◆同業者とのつながり

2018-03-27
同業者とのつながり

 

a0002_000166

 

■みなさん、同業の方とのつながりってありますか?

 

よく経営者は孤独と言います。

 

私もスクールを経営しているころ、
同業とのつながりはもちろんなく、
相談相手も特にいませんでした。

 

商工会の懇親会に参加した際
自己紹介の時に、面識のない方から
名指しで「あなたのスクールには負けないから!」
と言われたこともありました。

 

確かに商圏が被った場合、なかなか良い関係は
作れないかもしれないです。

 

 

■今回、開催するセミナーも売りの一つとして
同業者とのつながりを挙げています。

 

同業の方と知り合いたい!
という要望は多くあると思います。

 

実際に今回のセミナーに参加される方にも
同業の方の話を聞いてみたいという意見もあります。

 

以前、講師として招かれたセミナーでは、
たまたま右側に座っていた方々が意気投合して
その後も交流を続けていると聞きます。

 

信頼できる同業の仲間がいれば、
悩みを相談することができたり、
ヤル気を引き出され、お互いにとってプラスに
なることが多くなりますよね。

 

私がコンサルタントと言う仕事を始めた
ひとつのきっかけとして、つながりを作りたい
と言うこともあります。

 

 

■スクール業界の発展は、大手だけではなく
中小、個人経営の方々の力なくしては
できないものだと思っています。

 

私もできる限り、そういった方々の力になれるように
と考えています。

 

今後はセミナー以外でも、何か同業の方々と
つながりを作ることができる場を設けていければと
思います。

 

ぜひ、このメルマガや私のサイトを
チェックしていてくださいね。

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

 

banner_mailmag

教室運営のヒント NO,230◆生徒募集は複数以上のチャネルを!

2018-01-23
生徒募集は複数以上のチャネルを!

 

me_biz20160902492115_tp_v

 

■スクールを経営していると、必ずぶつかる課題

 

それが「生徒募集」です。

 

生徒がいなければ、

 

どれだけ良い講師がいても
どれだけ良いレッスンができるとしても

 

宝の持ち腐れになってしまいます。

 

 

■十数年前であれば、お金を使い、新聞折込を行えば
そこから問い合わせがありましたが、、、

 

今では新聞に折込をしても問い合わせが来ない
と言うことも多々見受けられます。

 

実際、9割の個人スクールが口コミを主な募集方法と
しています。

 

あなたのスクールはどういった方法で
生徒募集を行っていますか。

 

私がスクールを経営していたころ、
メインの生徒募集方法は、ホームページでも
広告でもなく、人を使った生徒募集でした。

 

スクール開校時の初動に人を使った募集を行い、
ある一定の生徒数になってからは、口コミによる
募集方法に切り替えていました。

 

つまり、私の生徒募集方法は2つのチャネルを
持っていたわけです。

 

 

■私のお客さまで生徒募集がうまくいっている
スクールは、複数以上のチャネルを持っています。

 

たとえば、

 

・口コミ
・ホームページ
・ポスティング

 

と3つのチャネルを持っているところ

 

・ホームページ
・SNS
・ブログ

 

と同じく3つのチャネルを持っているところ

 

など、1つの方法だけではなく、複数以上の
方法を持っています。

 

口コミも非常に効果的な生徒募集方法ではあります。

 

しかし、1つの方法だけでは、安定した募集は
難しくなってしまいます。

 

ぜひ、複数以上の生徒募集のチャネルを持たれることを
お勧めします。

 

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

banner_mailmag

 

教室運営のヒント NO,229◆ベンチマークする!

2017-12-04
ベンチマークする!

 

「足で稼ぐ女性営業マン」のフリー写真素材

 

■「ベンチマーク」という言葉はご存知ですか?
聞いたことがない方もいるかもしれません。

 

スクールビジネスを行っていくうえで
重要な考え方の一つになります。

 

「指標・基準」という意味を持ち、投資信託、
マーケティング、IT関連、測量、自動車と
さまざまな分野で使われています。

 

ベンチマークは経営管理するための指標であり、
スクールビジネス以外の多くの企業でも用いられて
います。

 

 

■では、ベンチマークとは
どのようにすればいいのでしょうか。

 

少し説明しますね。

 

他スクールの経営方法やマーケティング戦略などと
自スクールのやり方や手法との違いを比較・分析する。

 

その内容に基づいて自スクールの経営や運営戦略などを
改善する。

 

簡単に言うとベンチマークすること他スクールを模倣し、
よりよい改善策を見つけることです。

 

 

■ここで気を付けたいことは、模倣と言っても
猿真似ではダメです。

 

全く同じことを行っても、しょせん2番煎じとなります。

 

たとえば、近隣のスクールが面白そうなレッスンを
始めたからと言って、真似をして同じレッスン内容では
うまくいくことはありません。

 

「真似」と「模倣」は同じではありません。

 

「真似」は「真に似せる」ことと書き、
「真似」は「trace」すること。

 

「模倣」は「模して倣う」ことと書き、
「模倣」は「学び取る」ことです。

 

いかがでしょうか。

 

皆さんのスクールはベンチマークしているスクールが
ありますか?

 

それともベンチマークされる側でしょうか。

 

一度、ベンチマークについて考えてみるのは
どうでしょう。

 

何か、ヒントを得られることがあると思いますよ!

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

banner_mailmag

教室運営のヒント NO,228◆順調なスクールの悩み

2017-10-16
順調なスクールの悩み

 

放課後の理科室

 

 

■生徒が順調に増えてくると
生徒募集の悩みはなくなりますが、
生徒の退会という悩みがでてきます。

 

さらに生徒募集も退会防止もうまくいくと
今度は人材の問題や教室のキャパの問題

 

さらに人件費や地代家賃を支払いや
新規教室のためのお金の問題

 

などなど、ひとつの問題を解決すると
次に問題がでてきます。

 

 

■しかし、すでにこういった問題を
クリアーされている方っているんですよね。

 

先日、ご相談いただいた方が、
まさにそういった方でした。

 

お話しを聞いていると、

 

生徒募集のアドバイスも
退会防止のアドバイスも
人材育成のアドバイスも

 

今のところあまり必要はないとのこと。

 

う~ん、私は必要ないのでは、
と思ったところ、

 

自分のスクールの立ち位置や
今やっていることが本当にいいのか、

 

と言うことを客観的な目で見て
教えてほしいとのことでした。

 

 

■確かに、経営者は孤独で、相談する相手も
あまりいないのが現実です。

 

友人に話をすれば、すごい!頑張っているね!
というお褒めの言葉はいただくが、
客観的な意見はあまりもらえない気がします。

 

実際に自分も経営をしているときに
そうだった気がします。

 

スポーツの世界で一流のプロとして
活躍している方々にも、コーチという方が
いますよね。

 

それと同じだと思います。

 

順調に行っているからこそ、
客観的な意見がほしいと思うのでしょう。

 

もし客観的な意見がほしい!と言う方、
ぜひ、一度ご相談くださいね!!

 

 

スクール情報をご覧になりたい方は、

 

ぜひメルマガにご登録を!

 

メルマガのバックナンバーから今回の記事をご覧いただけます。

banner_mailmag

 

 

« 過去の記事を見る
教育コンサルティングメルマガ「英会話教室の病院」メールマガジンの登録はこちら メディア・マスコミ掲載実績 お客様の声 スクール運営の極意・セミナー動画解禁! 書籍・マニュアル
生徒に恵まれるスクール&教室 開業・経営バイブル(技術評論社)

新たな成功法則を公開!

生徒に恵まれるスクール&教室
開業・経営バイブル(技術評論社)

スクールビジネスを経営・管理されている方、スクールビジネスでの独立を希望されている方のための本格派書籍!スクール&教室の進化を続ける成功法則を公開!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

大好評により増刷!!!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

プロが教える実践的ノウハウの集大成!

アマゾン教育史1位/学校教育・一般1位、楽天ブックス語学・学習参考書1位
「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

スクール経営者・講師向けDVD
各種スクールでの指導・運営をお助け!研修教材にも最適。


英会話教室運営のツボ

英会話教室運営のツボ

販売終了

生徒募集・退会防止・教室管理・会員管理・講師管理等スクール運営に不可欠なノウハウを公開!

外国人講師採用のツボ

外国人講師採用のツボ

販売終了

行政書士をも唸らせた【外国人講師採用に特化したマニュアル】ビザ関連も分かりやすく説明!