スクール経営 教室経営 生徒募集 退会防止 スクールコンサルタント 佐藤仁

電話でのお問い合わせ(052-853-7025) お問い合わせフォーム

スクール業界情報 の記事一覧

リソー教育、主要株主の異動を確認 ヒューリックが2位株主に

2021-06-14

リソー教育は5月31日、自社HPにて、「主要株主の異動に関するお知らせ」を発表した。

 

2021年5月 28 日付で、不動産大手のヒューリックにより大量保有報告書(変更報告書)が関東財務局に提出され、リソー教育は主要株主の異動を確認した。

 

2021年2月28日時点では第6位だったが、2021年5月26日現在では第2位、出資比率は11.62%(以前は5%強)となった。ヒューリックは新たにリソー教育株を約932万株(取得額は約30億円)取得し、創業者の岩佐実次会長に次ぐ規模になった。

 

両社は2020年9月に資本提携している。協力関係を強め、教育事業などでの連携を強める考えだ。

学習塾業況調査結果を公表 復調傾向にあるものの微増

2021-06-08

 

公益社団法人全国学習塾協会は、2021年1月から3月までの学習塾業況調査を行い、5月26日にその結果を公表している。

 

回答した事業者の規模は、1事業所が52%、2~10事業所が35%と10事業所までの事業者が全体の8割強を占めている。

 

前年同期間と比較した新規問い合わせ数について「増加した」と回答した学習塾は、55%と半数を超えた。その増加割合は、6~10%(29.1%)に次いで、約2割が51%以上増加したと回答している。

 

一方で、新規問い合わせが「減少した」と回答した学習塾は24%。変わらないと回答したのは21%だった。「減少した」と回答した学習塾の減少割合は、11~20%と51%以上減少したのが同割合となった(29.2%)。

 

前年同期間(1月~3月)と比べて、売上が「増加した」と回答した学習塾は、全体の49%と約半数を占めた。また、その増加割合は、6~10%が40.8%と多く、次いで11~20%が18.4%になっており、合わせて半分以上を占める。

 

売上が「減少した」と回答した学習塾は28%。減少の割合は、6~10%が28.6%、次いで11~20%が21.4%となり約半数を占める。

 

同協会は、売上高は復調傾向にあるものの微増の状況と分析している。

 

対面授業とオンライン授業に関する保護者の希望も聞いている。95%の学習塾が、保護者は「対面授業を希望」していると回答。「その他(4%)」と回答した学習塾からは、「対面授業とオンライン授業の併用」といった事例が挙がった。

 

塾に現在の指導形態について聞いたところ、「対面のみ」と回答した学習塾が51%、「ほぼ対面・一部オンライン」が48%となった。ほとんどの学習塾で対面授業を主な指導形態とし、保護者のニーズに応える姿が見える。

 

春期講習で工夫したことや夏期講習に向けたアイディア等について自由回答を求めると、

 

・オンライン面談も活用しながら、保護者面談を頻繁に実施

・オンライン授業の講座を新設

・人数制限を敷き、少人数個別指導制に切り替えて好評

 

などの意見が挙がり、授業形態では保護者のニーズに答えつつ、面談などではオンラインの活用を積極的に進めているようだ。

 

同協会は、「学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を策定・公表している。「変異株も流行している昨今の状況下において、より多くの学習塾でご活用いただきたい」とアナウンスしている。

 

 

調査結果の詳細は、

https://jja.or.jp/wp-content/uploads/2021/05/JJAresearch20210526.pdf
調査主体:公益社団法人全国学習塾協会

調査期間:2021年4月28日(水)~2021年5月14日(金)

調査対象:学習塾事業者

回答件数:100件

医学部進学の学習塾・予備校「TOPS」「京都医塾」を運営、TOPS京都が民事再生

2021-06-07

(株)TOPS京都(TDB企業コード:500470744、資本金1000万円、京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町539、登記面=京都府京都市中京区姥柳町210、代表阿部泰孝氏ほか1名、従業員50名)は、5月31日に京都地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日受理された。

 

申請代理人は藤本一郎弁護士(大阪府大阪市中央区北浜1-9-15、弁護士法人創知法律事務所大阪オフィス、電話06-4708-3260)ほか3名。

 

当社は、1986年(昭和61年)に創業、91年(平成3年)4月に法人改組した塾経営業者。京都市内を商圏に、小学生や中学生、高校生、高卒生を対象とした学習塾を経営し、「TOPS(トップス)」および「京都医塾」の名称で、四条烏丸本校(1号館、2号館の計3ヶ所)と円町校(本校、1号館、2号館、4号館の計4ヶ所)の2拠点で運営。医学部・京大コース(中高一貫校対象)、大学受験スタンダードコース、完全1対1個人授業など幅広いコースを開設し、中高一貫対象のコースを主力サービスとしていた。コースによっては予備校を開設し、通常講座、夏期講習・冬期講習のほか、年間複数回の実力テストを実施するなど、大学合格を目標としたカリキュラムを設け、2020年以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン授業も導入していた。京都の現役合格専門塾と銘打ち、国立大学出身者の講師を多数採用することで、少人数の集団授業や完全1対1個人授業を設けるなど、充実したバックアップ体制で志望大学現役合格率が高く、知名度を高めていた。

 

一方、少子化の影響から経営多角化を目指し、2008年にはフレンチレストラン事業に進出したが、不採算を理由に同事業から撤退。その後も新たに飲食業への進出を模索するなど事業領域の拡大を目指していたものの、不明瞭な資金流出が発生し資金繰りが悪化。今年3月には取引先への支払遅延が発生するなどしていた中、代表が交代するなど、内部紛争もあったとみられる。そのような中、新たなスポンサー支援のもとで抜本的な事業再生が不可欠と判断。民事再生手続きにより再建を目指すことになった。

 

負債は推定8億円。

 

なお、当社の営業は継続中であり、6月3日午前9時30分より「京都烏丸コンベンションホール(大ホール)」(京都府京都市中京区)において債権者説明会を開催する予定。

 

子ども英語 顧客満足度ランキング 幼児1位は「ビースタジオ」、小学生1位は「アルク Kiddy CAT 英語教室」

2021-05-27

顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは、『子ども英語』について調査し、その結果を元に「2021年 子ども英語(幼児/小学生)ランキング」を発表。『幼児』総合1位は【ビースタジオ(本社:東京都渋谷区)】、2位は【セイハ英語学院(本社:福岡県福岡市)】、3位は【イーオンキッズ(本社:東京都新宿区)】となった。また、『小学生』総合1位は【アルク Kiddy CAT 英語教室(本社:東京都千代田区)】、2位は【シェーン子ども英語(本社:東京都千代田区)】、3位は【ECCジュニア(本社:大阪府大阪市)】となっている。

 

 

子ども英語についての調査は7回目。全10の評価項目(「入会手続き・特典」「先生」「スタッフ」「カリキュラムの充実度」「教室の清潔度・雰囲気」「通いやすさ」「レッスンの受けやすさ」「レッスンの質」「適切な受講料」「サポート体制」)についての満足度を、インターネットにてアンケートを聴取。『幼児』1位の【ビースタジオ】はとくに「先生」、『小学生』1位の【アルク Kiddy CAT 英語教室】は「教室の清潔度・雰囲気」で高評価となった。

 

 

【2021年 オリコン顧客満足度(R)調査 子ども英語 幼児ランキング】
1位: ビースタジオ(74.86点)
2位: セイハ英語学院(74.84点)
3位: イーオンキッズ(74.25点)
4位: ECCジュニア(74.07点)
5位: ECC KIDS(73.96点)
6位以降のランキングは「オリコン顧客満足度(R)」の公式サイトにて。

 

 

【2021年 オリコン顧客満足度(R)調査 子ども英語 小学生ランキング】
1位: アルク Kiddy CAT 英語教室(76.31点)
2位: シェーン子ども英語(76.00点)
3位: ECCジュニア(74.73点)
4位: ビースタジオ(74.43点)
5位: セイハ英語学院(74.13点)
6位以降のランキングは「オリコン顧客満足度(R)」の公式サイトにて。

 

 

■ランキング発表日: 2021/01/04
■調査期間: 2020/09/07~2020/09/23、2019/09/18~2019/09/30、2018/09/21~2018/09/28
■サンプル数: (幼児)2,444人(小学生)5,260人
■調査企業数: (幼児)32社(小学生)35社
■調査対象者: (幼児)過去5年以内に幼児(0歳~年長)を対象にした英語・英会話教室、または幼児教室の英語・英会話コースにお子様を半年以上通わせた/通わせている保護者で料金を把握している人
(小学生)過去5年以内に小学生を対象にした英語・英会話教室または学習教室の英語・英会話コースにお子様を半年以上通わせた/通わせている保護者で料金を把握している人

中小企業の3社に1社が「過剰債務」スクール業界過剰感がある7割弱

2021-05-24

~東京商工リサーチ(TSR)記事より~

 

 

2020年4月~21年3月の企業倒産(負債1000万円以上)は7163件で、30年ぶりに8000件を割り込んだ。2020年は新型コロナウイルス感染拡大で景気が冷え込んだが、政府や金融機関の資金繰り支援で企業倒産は2019年度(8631件)より17.0%減少した。

 

 

「実質無利子・無担保融資」(ゼロゼロ融資、3月末で受付終了)などの貸し付け型支援、「新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール」や社会保険料の支払い猶予、納税猶予などリスケ・猶予型の支援は、劇的に企業の資金繰り緩和をもたらした。その一方で、借入依存が債務膨張を招き、バランスシートを肥大化させた。

 

 

2020年前半はコロナの感染急拡大で経済活動は大きく制限され、「売り上げの崖」に直面した企業は少なくない。こうした企業の破綻を防ぐ緊急避難策の資金繰り支援は大きな効果を発揮したが、その「副作用」も計り知れない。

 

 

図表:「過剰感がある」と回答した企業の業種(降順・上位15業種)

子どもの習い事上位、そろばん→英会話 日本生命が調査

2021-04-30

子どもの習い事はそろばんから英会話へ――。子どもの習い事の上位が入れ替わっていることをうかがわせる調査結果を日本生命が発表した。

 

 

契約者1万761人からインターネットを通じて回答を得た。子どもの習い事を聞いたところ、最も多かったのは男女とも学習塾。男子は水泳、英会話、サッカー・フットサル、音楽が続いた。女子の2位以下は音楽、水泳、英会話、書道の順だった。

 

 

回答者自身が子どものころの習い事は、男女ともそろばんが2位だったが、自分の子どもの習い事では5位以内に入らなかった。代わりに英会話が5位以内に入った形だ。

 

 

子どもが習い事に通うペースは、小学生は「週1回」が最も多く34・7%、次いで「週2回」(21・6%)だった。「週4回以上」も16・9%にのぼり、今時の小学生の忙しい生活をうかがわせる。

 

 

1人当たりの習い事の費用は、「5千円以上1万円未満」が29・3%で最多。「2万円以上」(25・6%)が続いた。ただ、地域で差があり、関東、近畿では「2万円以上」がそれぞれ3割を超え、最多だった。

 

 

英会話スクール顧客満足度ランキング 1位は「英会話イーオン」

2021-04-23

顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは、『英会話スクール』について調査し、その結果を元に「2021年 英会話スクールランキング」を発表。満足度総合1位には【英会話イーオン(本社:東京都新宿区)】と【ベルリッツ(本社:東京都港区)】が同時にランクイン、3位は【ECC外語学院(本社:大阪府大阪市)】となっている。

 

英会話スクールについての調査は14回目。全10の評価項目(「入会手続き・特典」「スタッフ」「講師」「教室の雰囲気」「カリキュラム・教材」「レッスンの環境」「英語の習得度」「適切なレッスン料」「授業の受けやすさ」「サポート体制」)についての満足度を、インターネットにてアンケートを聴取。1位の【英会話イーオン】はとくに「入会手続き・特典」で、【ベルリッツ】はとくに「講師」でそれぞれ高評価となった。

 

 

【2021年 オリコン顧客満足度(R)調査 英会話スクールランキング】

 

1位:  英会話イーオン(75.68点)
1位:  ベルリッツ(75.68点)
3位:  ECC外語学院(75.00点)
4位:  Gabaマンツーマン英会話(74.01点)
5位:  シェーン英会話(73.06点)
6位:      NOVA(72.87点)

 

■ランキング発表日: 2021年1月4日
■調査期間: 2020/08/31~2020/09/04、2019/09/18~2019/09/24、2018/09/21~2018/10/09
■サンプル数: 3,780人
■調査企業数: 36社
■調査対象者: 過去5年以内に、3か月以上英会話スクールに通学したことのある人。※体験のみは除く
その際、英会話スクールの選定に関与し、料金を把握している人。

 

オリコン顧客満足度(R)ランキングは、実際にサービス・商品を利用したことがあるユーザーを対象に実施した「満足度調査」の結果。“満足を可視化する”を理念に、2006年より日本最大級の調査規模で展開している。多項目による調査を独自に行い、その結果をサイト上で発表。日本で流通しているサービスや商品に対して、消費者の選択を容易にすること、それらを提供する企業の成長に貢献することを目指している。

 

リソー教育—21年2月期減収なるも、期末配当金について直近予想からの増額を発表

2021-04-12

リソー教育は7日、2021年2月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.6%減の252.01億円、営業利益が同62.8%減の10.10億円、経常利益が同56.6%減の11.92億円、親会社株主に帰属する当期期利益が同71.6%減の5.55億円となった。

 

 

同社独自の感染防止策が評価され、新型コロナウイルスによる自粛の影響で減少した生徒数は、2020年8月末時点には前年同期を上回る生徒数まで回復し、その後も順調に生徒数を伸ばした。一方で、子会社のスクールTOMAS(学校内個別指導事業)で実施してきたオンライン英会話事業の実施方法を、完全外注化により、海外子会社の閉鎖費用を特別損失に計上している。当該事業の外注化により、来期以降はこれまで固定費だったものが変動費化し、来期のスクールTOMASの収益性向上につながるとしている。

 

 

TOMAS(トーマス)(学習塾事業部門)の売上高は前期比0.3%増の136.13億円となった。完全1対1の進学個別指導による高品質な教育サービスを提供している。当年度は、インターTOMAS桜新町校(東京都)を新規開校、TOMAS藤沢校(神奈川県)、TOMAS成増校(東京都)を移転リニューアルした。

 

 

名門会(家庭教師派遣教育事業部門)の売上高は前期比7.7%減の47.53億円となった。100%プロ社会人講師による教育指導サービスの提供に加え、全国区へ事業展開を図っているが、各校舎の休校等の影響を受けた。当年度においては、TOMEIKAI名古屋御器所校(愛知県)、TOMEIKAI四条烏丸校(京都府)を新規開校、名門会藤沢駅前校(神奈川県)を移転リニューアル、既存の対面授業に加え、オンライン授業を開始した。

 

 

伸芽会(幼児教育事業部門)の売上高は前期比0.9%増の48.43億円となった。名門幼稚園・名門小学校受験業界でトップクラスの合格実績を誇る既存事業「伸芽会」に加え、受験対応型の長時間英才託児事業「伸芽’Sクラブ(しんが~ずくらぶ)」の2つのブランドの充実を図った。当年度は、伸芽’Sクラブ学童藤沢校(神奈川県)を移転リニューアルした。

 

 

スクールTOMAS(学校内個別指導事業部門)の売上高は前期比10.3%減の13.44億円となった。学校内個別指導塾「スクールTOMAS」の営業展開を推し進めているが、各学校の休校等の影響を受けた。

 

 

プラスワン教育(人格情操合宿教育事業部門)の売上高は前期比61.9%減の6.35億円となった。情操分野を育む多彩な体験学習サービスの提供を行っているが、自粛等の影響を受けた。当年度は、TOMASサッカースクール東陽町校(東京都)、TOMASサッカースクール立川校(東京都)、TOMAS体操スクール二子玉川校(東京都)を新規開校した。

 

 

2022年2月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比15.1%増の290.00億円、営業利益が同148.4%増の25.10億円、経常利益が同109.7%増の25.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同206.2%増の17.00億円を見込んでいる。

 

 

また、同日、2021年2月期の期末配当金について、直近の配当予想より1株当たり0.50~1.50円増額の9.50円とすることを発表した。

オンライン英会話顧客満足度ランキング 1位は「イーオン・オンラインレッスン」

2021-03-29

顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは、『オンライン英会話』について調査し、その結果を元に「2021年 オンライン英会話ランキング」を発表。満足度総合1位は【イーオン・オンラインレッスン(本社:東京都新宿区)】、2位は【ECCオンラインレッスン(本社:大阪府大阪市)】、3位は【ネイティブキャンプ(本社:東京都渋谷区)】となっている。

 

 

オンライン英会話についての調査は8回目。全7つの評価項目(「入会手続き」「講師」「カリキュラム・教材」「授業の受けやすさ」「受講効果」「適切なレッスン料」「サポート体制」)についての満足度を、インターネットにてアンケートを聴取。1位の【イーオン・オンラインレッスン】はとくに「講師」で高評価となった。

 

 

【2021年 オリコン顧客満足度(R)調査 オンライン英会話ランキング】

 

1位:  イーオン・オンラインレッスン(75.33点)
2位:  ECCオンラインレッスン(74.33点)
3位:  ネイティブキャンプ(73.94点)
4位:  アルクオンライン英会話(73.60点)
5位:  DMM英会話(72.99点)
6位:  QQ English(72.64点)
7位:  ビズメイツ(72.24点)
8位:  レアジョブ英会話(71.36点)

 

 

■ランキング発表日: 2021年1月4日
■調査期間: 2020/09/15~2020/10/02、2019/09/20~2019/10/01、2018/09/28~2018/10/05
■サンプル数: 1,629人
■調査企業数: 38社
■調査対象者:過去5年以内に、1ヶ月以上オンラインの英会話授業を受講したことがある人(教室授業の振替、同じ事業者の教室授業と併用している人を除く)。その際、オンライン英会話サービスの選定に関与し、料金を把握している人

コナミのスポーツジム16店閉店 5月末で、コロナ影響

2021-03-24

コナミスポーツは23日までに、コナミスポーツクラブとエグザスで展開するスポーツジムについて、11都道府県の16店を5月末で閉店すると発表した。新型コロナウイルス流行の影響で外出自粛が続き、利用客が落ち込んだことが要因という。

 

 

いずれも直営で、コナミスポーツクラブが大谷地(北海道)、高崎(群馬県)、西葛西(東京都)、東松原(同)、新潟(新潟県)、一宮(愛知県)、草津(滋賀県)、今里(大阪府)、和泉府中(同)、香里園(同)、姫路中央(兵庫県)、松山(愛媛県)、福岡マリナタウン(福岡県)、筑紫野(同)、大分明野(大分県)の15店。エグザスが西九条(大阪府)。

« 過去の記事を見る 新しい記事を見る »
教育コンサルティングメルマガ「英会話教室の病院」メールマガジンの登録はこちら メディア・マスコミ掲載実績 お客様の声 スクール運営の極意・セミナー動画解禁! 書籍・マニュアル
生徒に恵まれるスクール&教室 開業・経営バイブル(技術評論社)

新たな成功法則を公開!

生徒に恵まれるスクール&教室
開業・経営バイブル(技術評論社)

スクールビジネスを経営・管理されている方、スクールビジネスでの独立を希望されている方のための本格派書籍!スクール&教室の進化を続ける成功法則を公開!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

大好評により増刷!!!

スクール&教室運営のための生徒集客バイブル(技術評論社)

プロが教える実践的ノウハウの集大成!

アマゾン教育史1位/学校教育・一般1位、楽天ブックス語学・学習参考書1位
「これがスクール&教室経営のツボ!」~教室経営実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~教室経営実践編~

◆お金に関するポイントが分かる
◆どこに聞けばいいのか分からなかった 経理・お金まわりのお悩みに!


「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

「これがスクール&教室経営のツボ!」~生徒集客実践編~

スクール経営者・講師向けDVD
各種スクールでの指導・運営をお助け!研修教材にも最適。


英会話教室運営のツボ

英会話教室運営のツボ

販売終了

生徒募集・退会防止・教室管理・会員管理・講師管理等スクール運営に不可欠なノウハウを公開!

外国人講師採用のツボ

外国人講師採用のツボ

販売終了

行政書士をも唸らせた【外国人講師採用に特化したマニュアル】ビザ関連も分かりやすく説明!